Pocket

2017年度のIaaS/PaaS市場は前年度比34.1%増
PaaS市場は2022年度には2017年度の4倍の市場規模に拡大すると予測
ITRがIaaS/PaaS市場規模推移および予測を発表

2019年3月12日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のIaaS/PaaS市場規模推移および予測を発表します。

  • IaaS/PaaS市場の2017年度の売上金額は3,575億5,000万円、前年度比34.1%増の高成長となりました。市場を構成するほとんどのベンダーが売上金額を前年度から2桁増を示し、なかでも市場への影響力が大きい上位ベンダーが順調に売上げを伸ばしたことが要因となっています。

    昨今、ハイブリッドクラウド環境を志向する企業や、マルチクラウド環境を導入する企業が増加しています。各ベンダーはクラウドサービスを重点商材として販売に注力しており、ユーザー企業のリソース増強による売上げ増を下支えにIaaS市場は今後も拡大すると見ています。また、クラウドを活用し、新規ビジネスを創出して新たな市場を開拓しようとする企業が増加しています。デジタルイノベーションを推進するシステムを迅速かつ低リスクで構築することを目的として、PaaSに対する期待が高まっています。提供サービスの種類や数、品質などで差別化が図りやすいPaaSの販売を強化するベンダーが多く、それに伴ってPaaSを導入する企業も増加傾向にあり、今後こうした流れが拡大していくと見ています。

    これらのことから、IaaSとPaaSを合算した市場のCAGR(2017~2022年度)は23.0%、なかでもPaaSは2022年度には2017年度の市場規模の4倍に拡大すると予測しています。

    図.IaaS/PaaS市場規模推移および予測(2016年度~2022年度予測) 図.IaaS/PaaS市場規模推移および予測(2016年度~2022年度予測)

    ITRのプリンシパル・アナリストである甲元 宏明は、「『クラウドファースト』を宣言する国内企業は珍しくなく、デジタルトランスフォーメーションやSoEの必要性が高まり、保守的と言われた業種においてもクラウドを積極的に活用する企業が増えています。オンプレミス・システムを全てパブリッククラウドに移行する『クラウドオンリー』を目指す企業も登場しています。『クラウドをどのシステムに適用するのか』といった時代は終わり、『クラウドをどのようにして活用しビジネス成果を獲得するか』という時代になったといえます。国内パブリッククラウド市場が今後も成長を続けることは間違いありません。国内クラウドベンダーは、さらなる売上拡大に向けてグローバルで大きなシェアを持つAWSとMicrosoft Azureとの差別化が急務となるでしょう」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2019」に詳細を掲載しています。同レポートには、IaaS/PaaS市場およびDaaS市場の国内全32ベンダーへの調査に基づいた2016~2017年度売上げ実績および2022年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2019

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)