2022年度の運用自動化市場は、前年度比19.1%増を予測
コロナ禍で運用自動化の必要性が再認識され、2026年度の市場規模は111億円に達する見込み
ITRが運用自動化市場規模推移および予測を発表

2022年6月9日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内運用自動化市場規模推移および予測を発表します。

  • 2021年度の運用自動化市場の売上金額は49億8,000万円、前年度比13.4%増と高い伸びとなりました。運用自動化の導入による運用の効率化が徐々に浸透しており、新規導入ユーザーも増加傾向にあることから、2022年度も同19.1%増と引き続き高い成長が見込まれます。また、コロナ禍において運用自動化の必要性が再認識されたことを受け、今後さらなる導入が進むと見られます。新規参入ベンダーも徐々に増加していることから、同市場のCAGR(2021~2026年度)は17.4%、2026年度には111億円に達すると予測しています。

    本市場をパッケージとSaaSの提供形態別に分類して見ると、SaaS市場の2021年度の売上金額は14億7,000万円とパッケージ市場に比べてまだ小さいものの、前年度比で48.5%増と急速な成長を示しています。各種システムのクラウド移行が進んでいることから、運用管理についてもSaaSを利用する企業が増えていることが背景にあります。CAGR(2021~2026年度)を比較すると、パッケージ市場が6.0%であるのに対し、SaaS市場は同34.2%と高く、2025年度にはSaaS市場の売上金額がパッケージ市場を上回ると予想しています。

    *本調査での運用自動化:システム運用業務(障害対応、プロビジョニング、ソフトウェア配布など)を自動化する製品・サービス。手順書を自動実行するRBA(Run Book Automation)ツールに加え、自律学習を利用した運用管理プラットフォームを含む。
    図.運用自動化市場規模推移および予測:提供形態別(2020~2026年度予測) 図.運用自動化市場規模推移および予測(2020~2026年度予測)

    ITRのコンサルティング・フェローである藤 俊満は、「システム運用の世界では、AI技術や機械学習技術を応用したAIOps(AIによるシステム運用)の活用が検討されていますが、AIにシステム運用時の判断を任せるのは時期尚早との意見も多く、あらかじめ取り決めた運用ルールとプロセスに基づいた運用の自動化が現実解として普及してきています。システム運用の自動化は、要員の工数とコストの削減、およびオペレーションの品質向上が期待できるだけでなく、将来的なAIOps活用の準備にもつながることから、導入検討を推奨します」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:運用管理市場2022』に詳細を掲載しています。運用管理市場の全14分野を対象に、国内58ベンダーへの調査に基づいた2020~2021年度売上実績および2026年度までの売上予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:運用管理市場2022

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 ~ 18:00(土日祝は除く)