ITRがホワイトペーパー『DX推進のためのクラウド選定指針 〜RFPテンプレートによる迅速な候補事業者選定〜』を発行
DXで成果をあげるクラウドの重要性とクラウド事業者の選定ポイントを解説

2022年4月14日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、DXで成果をあげるためのクラウド活用戦略の立案とクラウド事業者の選定の重要なポイントを解説したホワイトペーパー『DX推進のためのクラウド選定指針 〜RFPテンプレートによる迅速な候補事業者選定〜』を発行し、5つのテンプレートとともに本日よりホームページで公開します。

  • タイトル

    ITR White Paper
    『DX推進のためのクラウド選定指針 〜RFPテンプレートによる迅速な候補事業者選定〜』

  • ITRホワイトペーパーの概要

    企業が考える主要なIT動向の施策としては、ITRの『IT投資動向調査2022』(2021年8~9月調査)によると、「全社的なデジタルビジネス戦略の策定」、つまりDX戦略が最も重要視されていることがわかりました(図1)。同調査では、これに「基幹系システムのクラウド化の実践」が続き、「マルチクラウド環境の採用」も10位に位置し、「DX」と「クラウド」が企業にとって最重要テーマであるといえます。

    図1.企業におけるIT動向の重要施策(上位15項目) 図1.企業におけるIT動向の重要施策(上位15項目)

    クラウドの利用においては、クラウドネイティブ・アプリケーションを選択することが最も有効です。既存アプリケーションをクラウドに移行する方法には、「シフト」と「リフト」の2つがあります。「シフト」は、既存アプリケーションを直接クラウドネイティブ化する方法ですが、多数のアプリケーションを運用している企業においてそれらを全てクラウドネイティブ化するには多大な時間とコストを要し、非現実的といえます。一方、「リフト」は、既存アプリケーションをそのままIaaSに移行する形態、または最小限の改修を行ってクラウドに移行する形態を指します。図2に示す「リフト&シフト」パターンは、リフトを行った後にネイティブ・アプリケーションに改修または再構築する方法であり、数多くの利点を享受でき、DXやイノベーションを加速することができます。

    図2.リフト&シフト vs. シフト 図2.リフト&シフト vs. シフト

    しかしながら、国内企業の多くはSIerに対する委託開発の依存度が高く、DXやイノベーションのような付加価値の高い新規開発に対して投資を集中できていないのが現状です。したがって、クラウドをはじめとする先進テクノロジに対する自社内の理解とスキルが足りず、クラウドの利用が広がっても、結果、大きなビジネス成果をあげられていません。

    この状況を打破するためには、クラウドの長所をよく理解したうえで活用戦略を策定し、自社に適したクラウド・アーキテクチャを確立することが求められます。そして、クラウドは自社ビジネスを強力に推進するIT基盤であると位置づけ、クラウド事業者(Cloud Service Provider:CSP)についても、協同作業によってDXを推進するIT基盤を構築・運用する戦略的パートナーと捉え、その選択基準を変える必要があります。

    ITRのプリンシパル・アナリストである甲元 宏明は、「クラウドはDXを代表とする自社ビジネス活動を推進するドライバと位置づけ、IT部門も『CSP選定は経営課題』というマインドセットを持つべきです。また、CSPもプロプライエタリ・テクノロジよりもオープン・テクノロジに注力していることから、CSP選定によるロックイン・リスクは小さいといえます。したがって、ロックイン回避のために過度のマルチベンダーに陥るよりも、CSPとの共創に向かって舵を切り替えるべきと考えます」とコメントしています。

    ITRは、本ホワイトペーパーの発行に合わせて、ITRの経験と知見を基にしたRFI(Request For Information:情報提供依頼書)およびRFP(Request for Proposal:提案依頼書)用の5つのテンプレートを提示しています。自社に最適なCSPの選定のために、本ホワイトペーパーとこれらのテンプレートを活用ください。

  • 目次
    第1章 エグゼクティブ・サマリ 第2章 国内企業の現状とDX/クラウド動向
    • 国内企業の現状
    • 国内企業におけるDX/クラウド動向
    • 国内企業のクラウド活用の課題
    • 「エンタープライズ・クラウド」視点のアーキテクチャの重要性
    第3章 CSP選定の指針
    • DX推進にあたってのクラウド活用指針
    • クラウドリフトとシフト
    • リフトの価値
    • CSP選定の考え方
    • 代表的なCSPの紹介
    第4章 CSP選定用テンプレート
    • RFI/RFPテンプレートとは何か
    • RFI/RFPテンプレート:CSP情報
    • RFI/RFPテンプレート:IaaS
    • RFI/RFPテンプレート:PaaS
    • RFI/RFPテンプレート:SaaS
    • RFI/RFPテンプレート:コスト試算
    • RFI/RFP回答評価のポイント
    第5章 提言 <Appendix>(Excelファイル)
    • RFI/RFPテンプレート1:CSP情報
    • RFI/RFPテンプレート2:IaaS
    • RFI/RFPテンプレート3:PaaS
    • RFI/RFPテンプレート4:SaaS
    • RFI/RFPテンプレート5:コスト試算
  • ご提供方法

    本日よりITRのホームページより無償でダウンロードいただけます。

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)