2020年度のCDP市場は顧客接点のデジタル化の動きにより、前年度比16.6%増と高成長、2021年度は同18.4%増とさらなる高い伸びを予測
ITRがCDP市場の市場規模推移および予測を発表

2022年1月6日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のCDP(Customer Data Platform)市場の市場規模推移および予測を発表します。

  • 顧客接点のデジタル化の進展やIoTシステムの普及によって、顧客に紐づくデータ量は増大傾向にあり、顧客データの管理・分析の重要性が高まっています。また、GDPR(EU一般データ保護規則)などの個人情報保護強化の動きによって、サードパーティデータの利用の制約が進んでいます。その一方で、多くの企業では、用途ごとに乱立するシステム間のデータ連携が取れず、データのサイロ化という事態が発生しています。CDPの導入によって、データのサイロ化を解消して顧客の動向を可視化し、効率的かつ効果的なカスタマーサクセスが期待できるとして、企業の注目が年々高まっています。

    CDP市場の2020年度の売上金額は87億円、前年度比16.6%増の伸びを示しました。2021年度も前年度と同等の伸びを維持するベンダーが多く見られることから、同18.4%増が予想されます。市場参入ベンダーは増加傾向にあり、各社の積極的なマーケティング活動による市場認知度の上昇によって、幅広い業種で導入が進んでいることから、同市場のCAGR(2020~2025年度)は17.9%を予測しています。

    図.CDP市場規模推移および予測(2019~2025年度予測) 図.CDP市場規模推移および予測(2019~2025年度予測)

    ITRのシニア・アナリストである水野 慎也は、「CDPは顧客の行動と意識を可視化するためのソリューションとして、デジタルマーケティング分野において地位を確立しつつあります。コロナ禍においてオンラインとリアルの双方の行動と意識を一貫して捕捉し、データとして蓄積する同ソリューションへの期待は今後も増すと予想されます。これからのCDPには、大量データの高速処理に加えて、得られた行動と意識データを顧客IDに漏らさず紐づける正確さが求められます。CDPへの機能要求はさらに拡大すると見られます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2022』に詳細を掲載しています。同レポートには、メール・マーケティング市場(メール送信市場、メール処理市場)、Webマーケティング市場(CXプラットフォーム市場、入力フォーム最適化市場、CDP市場)の国内全44ベンダーへの調査に基づいた2019~2020年度売上げ実績および2025年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2022

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)