2020年度のプロセス・マイニング市場は参入ベンダーの増加に伴い急拡大
2025年度までの年平均成長率(CAGR)は49.8%で40億円に達する見込み
ITRがプロセス・マイニング市場規模推移および予測を発表

2021年7月20日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のプロセス・マイニング市場規模推移および予測を発表します。

  • プロセス・マイニングは、企業内のさまざまな業務システムに蓄積されているイベントログなどのデータを基に、部門をまたぐ業務プロセスの処理パターンを可視化、分析する製品・サービスです。プロセスに関わる工数の算出や、例外処理やボトルネック、不十分な職務分掌の抽出などを通して、全社規模での業務改善を支援します。

    プロセス・マイニング市場の2020年度の売上金額は5億3,000万円、前年度比253.3%増の急速な伸びを示しました。2021年度は引き続き同83.0%増の伸びを予測しています。いち早く市場に参入したCelonis社とCognitive Technology社(国内総販売元はハートコア)の2社が市場を牽引していますが、2020年度にUiPath社やABBYY社が本格的に市場参入したことにより、市場認知度が高まっています。コロナ禍において業務プロセスの可視化、効率化の重要性が高まっていることから、市場は2025年度には40億円、CAGR(2020~2025年度)は49.8%の高い伸びを予測しています。

    図.プロセス・マイニング市場規模推移および予測(2019~2025年度予測) 図.プロセス・マイニング市場規模推移および予測(2019~2025年度予測)

    ITRのシニア・アナリストである舘野 真人は、「プロセス・マイニングは、業務プロセスのデジタル化や自動化を推進するための主力ソリューションのひとつとして認知されるようになり、国内でもエコシステムが形成されつつあります。製品・サービスの機能も強化され、現状分析にとどまらず、改善箇所の提案や必要なアクションの実行までカバーするようになってきています。今後も、DXに向けた業務改善のためのプラットフォームとして、大企業を中心に導入が進むと見られます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2021』に詳細を掲載しています。同レポートには、RPA、OCR、BPM、BRMS、ワークフロー、タスク・マイニング、プロセス・マイニングの全7分野を対象に、国内59ベンダーへの調査に基づいた2019~2020年度売上げ実績および2025年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2021

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)