2020年度のクラウド管理市場は前年度比8.7%増
複合的なクラウド管理の需要の高まりから2025年度の市場規模は280億円を予測
ITRがクラウド管理市場規模推移および予測を発表

2021年6月15日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内クラウド管理市場規模推移および予測を発表します。

  • クラウド管理は、仮想化/クラウド環境を対象に管理を行う製品で、VM(仮想マシン)監視、キャパシティ管理、プロビジョニング/構成管理、課金(チャージバック)などの機能が含まれます。

    2020年度のクラウド管理市場は売上金額ベースで174億5,000万円、前年度比8.7%増となりました。2021年度も同8.6%増の伸びを見込んでいます。ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を志向する企業が増加傾向にあることから、クラウド管理のニーズは徐々に高まりつつあります。各種運用管理機能を提供する総合ベンダー各社ともに同市場の製品・サービスの強化を進めています。また、新規参入ベンダーも徐々に増加していることから、同市場のCAGR(2020~2025年度)は9.9%、2025年度には280億円に達すると予測しています。

    図.クラウド管理市場規模推移および予測(2019~2025年度予測) 図.クラウド管理市場規模推移および予測(2019~2025年度予測)

    ITRのコンサルティング・フェローである藤 俊満は、「企業のシステム形態は、2020年初めからのコロナ禍によって一気にクラウド化が進みました。これに伴い、オンプレミスとクラウドが併存するハイブリッドクラウド環境や、複数のクラウドを使用するマルチクラウド環境を持つ企業が増加しています。そのため、クラウド管理は今後、企業システムの運用管理の中心となっていくでしょう」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:運用管理市場2021』に詳細を掲載しています。同レポートには、運用管理市場の全14分野を対象に、国内53ベンダーへの調査に基づいた2019~2020年度売上実績および2025年度までの売上予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:運用管理市場2021

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)