働き方の多様化やリモートワークの広がりでeラーニングの活用が進む
LMS市場は2022年度に100億円規模に達すると予測
ITRがLMS市場規模推移および予測を発表

2021年5月20日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のLMS(Learning Management System)市場規模推移および予測を発表します。

  • LMS市場の2019年度の売上金額は69億8,000万円、前年度比15.6%増となりました。市場を構成するベンダーがいずれも売上げを伸ばしましたが、なかでもトップベンダーの増分が市場全体の伸び率を2桁まで引き上げました。

    教育コストの低減が求められるなか、教育担当人員の確保も困難な昨今、企業では教育プログラムの品質を担保するためにLMSの導入が進んでいます。また、働き方の多様化やリモートワークの広がりに加え、2020年からのコロナ禍によってeラーニングの需要が増しており、その管理の必要性から導入企業が拡大しています。製品・サービスの機能面でも、人材管理やWeb会議、チャットなどの実装や、そうした製品・サービスとの連携機能の追加など高機能化が進んでおり、リプレースやアップセルが進むと予想されます。

    これらのことから、LMS市場のCAGR(2019~2024年度)は13.7%、2022年度には市場規模は100億円を超えると予測しています。

    図.LMS市場規模推移および予測(2018~2024年度予測) 図.LMS市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)

    ITRのリサーチ・フェローである平井 明夫は、「コロナ禍による研修のオンライン化が急速に進んだ結果、オンライン研修の録画データを編集し、eラーニングのカスタムコンテンツとして再利用する企業が増えており、これらコンテンツの管理・配信プラットフォームとしての需要がLMS市場の成長要因のひとつとなっています」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:人材管理市場2021』に詳細を掲載しています。同レポートには、人材管理市場、LMS市場、従業員エンゲージメント市場およびオンライン面接市場の国内全41ベンダーへの調査に基づいた2018~2019年度売上げ実績および2024年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:人材管理市場2021

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)