2022年度のIaaS/PaaS市場は1兆円規模を予測
上位のメガクラウドベンダーによる寡占化が進む
ITRがIaaS/PaaS市場規模推移および予測を発表

2021年2月16日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のIaaS/PaaS(Infrastructure as a Service/Platform as a Service)市場規模推移および予測を発表します。

  • IaaS/PaaS市場の2019年度の売上金額は6,020億2,000万円、前年度比27.7%増となりました。市場を構成するほぼ全てのベンダーが前年度から売上げを伸ばし、特に上位2ベンダーが比較的大きな伸びを記録し、市場を牽引しました。

    ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を志向する企業が増加傾向にあるほか、基幹システムをクラウド化する企業が増えてきていることもあり、IaaSの導入企業は年々増加しています。コモディティ化が進んでいますが、各ベンダーともユーザーの多様なニーズに応えられるよう、地道にアップデートを続けています。また、ベンダーシェアは、上位のメガクラウドベンダーによる寡占化が進んできており、ハイブリッド化やマルチクラウド化の進展によって、この傾向はより強まると考えられます。

    PaaSについては、増加傾向にあるDX推進企業の技術的な基盤として需要が高まっています。各ベンダーも開発環境のみならず、周辺サービスの充実やサービス体系の再構築を進めるなど、PaaSを含めたDX関連サービスの強化を推し進めています。今後もDX推進の動きに伴い導入が促進すると考えられます。

    こうしたことから、IaaS/PaaS市場のCAGR(2019~2024年度)は17.2%、2022年度には1兆円規模に達すると予測しています。

    図.IaaS/PaaS市場規模推移および予測(2018~2024年度予測) 図.IaaS/PaaS市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)

    ITRのプリンシパル・アナリストである甲元 宏明は、「日本においては、これまでクラウドに消極的だった金融業界がクラウド活用を牽引するようになり、現在では全ての業種がクラウドを積極的に利用するようになっています。多くのオンプレミスシステムを抱えている大企業では、既存インフラごとにIaaSに移行するケースも増えており、IaaS活用はますます進むと思われます。また、国内企業におけるクラウドネイティブ・アプリケーションに対する理解も進んでおり、新規システムをクラウドネイティブで構築するケースも増えています。今後も、クラウド市場が拡大の一途を辿るのは間違いありません」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「クラウド・コンピューティング市場2021」に詳細を掲載しています。同レポートには、IaaS/PaaS市場およびDaaS(Desktop as a Service )市場の国内全25ベンダーへの調査に基づいた2018~2019年度売上げ実績および2024年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2021

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)