2020年度のパブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場は前年度から2倍強に拡大する見込み
パブリッククラウドの利用増加に伴い、新たな診断サービスとして市場が立ち上がる
ITRがパブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場規模推移および予測を発表

2020年12月24日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のパブリッククラウド向け診断/CSPM(Cloud Security Posture Management)サービス市場規模推移および予測を発表します。

  • パブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場の2019年度の売上金額は6億3,000万円、前年度比61.5%増と急成長しました。近年、パブリッククラウドサービス利用の増加に伴い、権限設定のミスや管理設定の不備、クラウドアプリケーションの構成ミスなどが原因で、情報漏洩やクラウドサービスの不正利用が増えています。これらを防止するために、アプリケーションの構成ミスを自動的に識別して修正することでリスクを軽減したり、ID管理やアクセス管理、ネットワーク制御などクラウド環境のセキュリティ設定を診断し、設定ミスを検出および改善し、セキュリティ対策を強化する同サービスが立ち上がっています。現在、コロナ禍の影響からテレワークの普及などにより、クラウド環境に移行する企業が増加しており、セキュアなクラウド利用のために同サービスのニーズがさらに高まっています。この動きに呼応して参入ベンダーも増加しており、2020年度は前年度から2倍強の13億円に達すると予測しています。

    図.パブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場規模推移および予測(2018~2024年度予測) 図.パブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)

    ITRのコンサルティングフェローである藤 俊満は、「コロナ禍において社内システムのクラウド移行が加速していますが、ユーザー企業にはクラウド運用管理のノウハウが乏しく、手探りでクラウドを導入して運用しているケースが散見されます。パブリッククラウドが存在するインターネット空間はゼロトラストネットワークの呼称の通り無法地帯であり、さまざまな脅威が存在します。このため、安全に移行し運用するには、パブリッククラウドの状態を診断し、適切なセキュリティ対策を実施することが必要であり、CSPMをはじめとした診断サービスのニーズはますます拡大するでしょう」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2020」に詳細を掲載しています。同レポートには、セキュリティコンサルティング・プランニングサービス、セキュリティ脆弱性診断サービス、スレットインテリジェンスサービス、BCP対策構築運用支援サービス、クラウドセキュリティ構築運用支援サービスなど全15分野を対象に、国内37ベンダーへの調査に基づいた2018~2019年度売上げ実績および2024年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2020

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)