Pocket

2019年度のタスク・マイニング市場の売上金額は4億円、2020年度は15億円と急成長の見込み
2024年度には市場は75億円に達すると予測
ITRがタスク・マイニング市場規模推移および予測を発表

2020年9月3日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のタスク・マイニング市場規模推移および予測を発表します。

  • タスク・マイニングは、PCの操作ログを入力データとして、個々の従業員が実行する日常業務(タスク)の可視化、分析を行う製品です。従業員の生産性や業務分担の偏りを明らかにしたり、RPAによる自動化やシステム化の対象を選定したりといった用途に活用されます。

    2019年度のタスク・マイニング市場の売上金額は4億円、2020年度は同15億円、前年度比275.0%増と急速な伸びを予測しています。2019年度に市場を形成したばかりで市場規模はまだ小さいですが、市場認知度は急速に高まっています。

    2020年にはコロナ禍での在宅勤務増に伴い、テレワークの業務実態を把握する手段として注目され導入が増加しています。また、プロセス・マイニングと組み合わせることで、企業のさまざまな部門にまたがる業務プロセスの可視化、最適化の実現も期待できることから、市場は2024年度には75億円、CAGR(2019~2024年度)は79.7%の非常に高い伸びを予測しています。

    図.タスク・マイニング市場規模推移および予測(2018~2024年度予測) 図.タスク・マイニング市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)

    ITRのシニア・アナリストである舘野 真人は、「タスク・マイニングは、PC業務に潜む無駄や非効率性を可視化することを目的に登場しましたが、コロナ禍によるテレワーク拡大により、遠隔における従業員の働きぶり全般を把握するためのツールとしても注目されるようになっています。迅速に業務分析を行う手段として有効であるだけに、ユーザー企業には、タスク・マイニングを単なる監視ツールと捉えるのではなく、得られた分析データを業務改善につなげるという前向きな活用を重視することが求められます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2020」に詳細を掲載しています。同レポートには、RPA、OCR、BPM、BRMS、ワークフロー、タスク・マイニング、プロセス・マイニングの全7分野を対象に、国内58ベンダーへの調査に基づいた2018~2019年度売上げ実績および2024年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2020

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)