Pocket

2022年度のDaaS市場は2018年度から2倍の市場規模を予測 働き方改革とテレワークの推進機運の高まりにより、市場は活性化
ITRがDaaS市場規模推移および予測を発表

2020年3月24日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のDaaS(Desktop as a Service)市場規模推移および予測を発表します。

  • DaaS市場の2018年度の売上金額は184億3,000万円、前年度比14.6%増となりました。一部のベンダーで売上げの減少が見られたものの、上位2社の伸びが市場を牽引したことが要因となっています。

    昨今の働き方改革推進の動きがDaaSの導入を後押ししており、企業規模に関わらずテレワークを推進する機運も高まっています。企業における従業員のPC管理においては、アップデートモジュールが頻繁に提供されるクライアントOSの集中管理や、ポリシーに沿ったクライアントの運用とセキュリティの統制を容易にするための手段として、アウトソースによる管理負担の軽減からDaaSを導入する企業は今後も増えると推測されます。さらに、これまでオンプレミスのVDIによって構築していたクライアント仮想化環境をDaaSに移行する企業が、金融業を中心にしながら業種・業態を問わず導入が進みつつあります。

    こうしたことから、同市場のCAGR(2018~2023年度)は17.3%、2022年度の市場規模は2018年度の2倍に拡大すると予測しています。

    図.DaaS市場規模推移および予測(2017~2023年度予測) 図.DaaS市場規模推移および予測(2017~2023年度予測)

    ITRのシニア・アナリストである三浦 竜樹は、「2019年は働き方改革の推進とともに、東京五輪の開催時期の通勤対策として、在宅勤務の試験運用を実施する企業が増加しました。さらに、2020年に入り新型コロナウイルス感染症の流行により、在宅勤務やWeb会議への対応が多くの企業において喫緊の課題となっています。これらの動きを受けて、BCP(業務継続性)対策手段としてユーザーを柔軟かつ迅速に拡大できるDaaSを検討する企業が増えることが予想されます。さらにマイクロソフトがDaaS市場に参入し国内のSI/NIベンダーがパートナーとして提供を開始したことから、中堅・中小企業での導入が拡大し、市場がさらに活性化することが予想されます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2020」に詳細を掲載しています。同レポートには、IaaS/PaaS市場およびDaaS市場の国内全28ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2020

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)