2019年度のCASB市場の売上金額は前年度比93.0%増を予測、 企業のクラウドサービス利用の増加により、可視化と管理の需要が高まり急拡大
ITRがCASB市場規模推移および予測を発表

2020年3月3日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内CASB市場の2018年度の売上金額は11億5,000万円、前年度比76.9%増と急拡大しました。企業においてクラウドサービスを利用する機会が増えており、クラウド利用の可視化、クラウド利用の際のガバナンス対策、シャドーIT対策、企業が許可したサンクションITの管理を目的に導入されています。また、クラウドサービスのデータ暗号化、認証強化、情報漏洩対策など、クラウドサービスの安全な利用を可能にするソリューションとして需要が高まっています。こうした動きを受けて参入するベンダーが増加していることから、2019年度は同93.0%増とさらなる伸びを予測しています。

    図.CASB市場規模推移および予測(2017~2023年度予測) 図.CASB市場規模推移および予測(2017~2023年度予測)

    ITRのコンサルティング・フェローである藤 俊満は、「社内システムのクラウド環境への移行やクラウドサービスへの切り替えに伴い、クラウド利用が急激に増加しています。クラウドサービスは安価かつ簡単に利用できる一方で、シャドーIT対策や、サンクションITをコントロールすることが必要です。CASBは、次世代セキュリティ対策の中心となるサービスであり、今後も市場は拡大していくと見ています」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離/CASB市場2020」に詳細を掲載しています。同レポートには、CASBのほか、エンドポイント・マルウェア対策パッケージ、SaaS型エンドポイント・マルウェア対策、EDR(Endpoint Detection and Response)/NGAV(Next Generation AntiVirus)、メール無害化/ファイル無害化、インターネット分離など全8分野を対象に、国内43ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離/CASB市場2020

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)