2019年度のSSL可視化市場は前年度比14.8%増を予測
政府ガイドラインの発行により認知度が高まり、本格的な市場形成へ
ITRがSSL可視化市場規模推移および予測を発表

2020年2月20日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のSSL可視化市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内SSL可視化市場の2018年度の売上金額は8億1,000万円、前年度比26.6%増と好調な伸びとなりました。2019年度は、SSL可視化の認知度向上および必要性の高まりから前年度比14.8%増を予測しています。

    常時SSL化されたWebサービスが増加しているなか、暗号通信に隠れた攻撃などの新たなセキュリティ脅威のリスクが発生しています。SSL通信では、不正コードそのものが暗号化され、従来のセキュリティ機器では脅威を検知できない可能性があります。そこで、SSL通信を復号・可視化して通信の中身を検査し、再度暗号化してSSL通信のリスク軽減、脅威の検知を行う製品・サービスが登場しています。暗号化通信の可視化に関する政府のガイドラインが発行されて以降、SSL可視化の重要性と認知度が高まっており、さらなる参入ベンダーの増加とともに市場の本格的な形成が期待されることから、同市場のCAGR(2018~2023年度)は9.1%と2桁に近い伸びを予測しています。

    図.SSL可視化市場規模推移および予測(2017~2023年度予測) 図.SSL可視化市場規模推移および予測(2017~2023年度予測)

    ITRのコンサルティング・フェローである藤 俊満は、「Webサイトでやりとりされるデータを盗み見されることを防ぐためにWebサイトのSSL化が進められています。JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)とITRが実施した共同調査(2019年1月~2月)では、常時SSL化が約4割、部分的なSSL化を含めると約8割が実装済みとの結果も見られましたが、SSL暗号化通信を利用して接続先の機密情報が漏洩してもわからないという副作用も発生しています。SSL可視化はこのようなSSLを用いた情報漏洩を検知するためのソリューションであり、SSL化の普及に伴い、必要となる技術で今後も大きく成長する領域であると考えられます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2020」に詳細を掲載しています。同レポートには、ファイアウォール/UTM、WAF、DDoS対策、ネットワーク/プラットフォーム脆弱性管理など全11分野を対象に、国内50ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2020

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)