Pocket

ITRがDDoS攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表
2017年度はクラウド型運用監視サービスが立ち上がり前年度比28.9%増と急拡大、
2018年度も同22.7%増と高成長を維持

2018年6月26日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のDDoS攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内DDoS攻撃対策支援サービス市場の2017年度の売上金額は123億6,000万円、前年度比28.9%増と急拡大しました。Webサイトやサーバに大量のパケットを送信してサービス停止を狙う大規模なDDoS攻撃が企業にとって深刻な脅威になっています。近年、史上最大規模のDDoS攻撃マルウェア「Mirai」や平昌五輪を狙った攻撃などが発生したことから、国内でも同サービスを導入し、ネットワークシステムの負荷を回避し、安定したWebサービスを実現しようとする企業が増加しています。同市場は、DDoS対策アプライアンスの運用監視が中心でしたが、現在では、DDoS対策クラウドサービスの運用監視も立ち上がり市場は拡大を続けていることから、2018年度も同22.7%増と引き続き好調な伸びが見込まれます。

    図.DDoS攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測 図.DDoS攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測

    ITRのアソシエート・リサーチ・フェローである藤 俊満は、「セキュリティ対策が不十分なデバイスを踏み台にしたDDoS攻撃は今後さらに増加していくと思われます。特に2020年の東京五輪に向けて、日本国内のWebサイトはこれらの攻撃の標的にされる可能性があります。そのような攻撃への対策として、より高度なDDoS攻撃対策サービスとWAFをセットにして導入する企業が、企業規模に関わらず増加するでしょう」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:外部攻撃対策型SOCサービス市場2018」に詳細を掲載しています。同レポートには、DDoS攻撃対策支援サービス、サンドボックス運用監視サービス、WAF運用監視サービスなど全10分野を対象に、国内35ベンダーへの調査に基づいた2016~2017年度売上げ実績および2022年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:外部攻撃対策型SOCサービス市場2018

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)