Pocket

2016年度のDaaS市場は前年度比31.7%増
働き方改革やクライアント環境の多様化を背景に2021年度には3倍の市場規模に
ITRがDaaS市場規模推移および予測を発表

2018年3月22日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のDaaS市場規模推移および予測を発表します。

  • DaaS市場の2016年度の売上金額は113億円、前年度比31.7%増となりました。市場を牽引する上位3ベンダーの伸びが市場規模の拡大の要因となっています。

    政府が主導する働き方改革を推進する手段のひとつとして、DaaSへの注目度が増しており、今後も導入の促進が期待できます。加えて、近年のスマートデバイスなどのクライアント環境およびその利用場所の多様化を背景に、より高いセキュリティや運用に関わる負荷の軽減を目的とした導入を検討する企業が増えています。また、依然として古いバージョンのOSやブラウザでしか正常に稼働しないアプリケーションを多く保有する企業も少なくなく、それらの解決にDaaSの適合性は高いと考えられます。こうしたことから、同市場のCAGR(2016~2021年度)は23.5%と、2021年度には2016年度の約3倍の市場規模になると予測しています。

    図.DaaS市場規模推移および予測 図.DaaS市場規模推移および予測

    ITRのシニア・アナリストである三浦 竜樹は、「働き方改革を支えるソリューション/サービスとして、また、2020年のWindows 7の延長サポート終了を見据えてVDIやDaaSの導入が着実に進んでいます。加えて、これまでVDIを運用してきた大企業がDaaSにリプレースすることで、複雑化した仮想クライアント環境の運用管理を低減したいというニーズも増加しており、DaaS市場は順調に拡大すると予測しています」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2018」に詳細を掲載しています。同レポートには、IaaS市場、PaaS市場、DaaS市場、エンタープライズSaaS市場(12分野)の国内全30ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2018

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)