Pocket

二要素認証、リマインダー、販売促進などSMSの利用用途が拡大
SMS送信サービス市場は2016年度に56.2%増の急成長、2017年度も引き続き高い伸び
ITRがSMS送信サービス市場規模推移および予測を発表

2018年3月6日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSMS送信サービス市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内SMS送信サービス市場の2016年度の売上金額は27.8億円、前年度比56.2%増と急速な伸びとなりました。2011年7月より異なる携帯キャリア間でのメッセージの送受信が可能となったことを機に、SMS送信サービスは携帯電話番号を利用したショートメッセージサービスとして市場が立ち上がりました。二要素認証、リマインダー、販売促進などの利用用途が拡大し、市場は急成長しています。今後、企業が顧客に直接メッセージを送信する手段としてニーズが高まりつつあることから、同市場のCAGR(2016~2021年度)は21.0%の高い伸びを予想しています。

    図.SMS送信サービス市場規模推移および予測 図.SMS送信サービス市場規模推移および予測

    ITRのシニア・アナリストである三浦 竜樹は、「SMS送信が注目されている最大の背景は、PCや携帯キャリアのメールアドレスの変更による未達、およびLINEなどのメッセージングサービスの台頭によるメール開封率の低下やメール離れにあるといえるでしょう。こうした中、携帯電話番号だけで送信できるSMS送信サービスは、パスワード再発行や個人情報や決済情報の変更などの二要素認証において、迅速かつ到着率が高いことから利用が拡大しています。また、緊急性や重要度の高いリマインダーや督促、セール情報などの販売促進用途においても利用する企業が増えています。今後、SMS送信サービスの需要はさらに拡大することが予測されますが、海外ではRCS(Rich Communication Services)の導入が進みつつあることから、その動向が注目されます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:ECサイト構築/決済代行/CMS/SMS送信市場2018」に詳細を掲載しています。同レポートには、ECサイト構築市場、決済代行サービス市場、CMS市場、SMS送信サービス市場の4市場を対象に、国内43ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:ECサイト構築/決済代行/CMS/SMS送信市場2018

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)