Pocket

2016年度のWeb改ざん検知/変更管理市場は前年度比17.1%増と2桁成長
2017年度もニーズの高まりからさらなる拡大
ITRがWeb改ざん検知/変更管理市場規模推移および予測を発表

2017年11月30日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のWeb改ざん検知/変更管理市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内Web改ざん検知/変更管理市場の2016年度の売上金額は14.4億円、前年度比17.1%増となりました。近年、Webサーバ(Apache)の脆弱性をついたWeb改ざん事件が増加傾向にあり、それに伴う被害も深刻化しつつあります。企業においては標的型攻撃対策のひとつとして、ITシステムへの変更管理および可視化を行い、改ざんされたシステムやWebサイトを早期復旧するとともに、被害状況の正確な把握、改ざんの原因究明を目的とした、Web改ざん検知/変更管理製品へのニーズが高まっています。このような背景から、今後も市場の拡大が予想され、同市場のCAGR(2016~2021年度)は13.1%の高い伸びを予想しています。

    図.Web改ざん検知/変更管理市場規模推移および予測 図.Web改ざん検知/変更管理市場規模推移および予測

    ITRのシニア・アナリストである大杉 豊は、「昨今の高度なサイバー攻撃に対しては、アタックサーフェス(攻撃されるポイント)をできる限り削減する脆弱性管理などの対策と、攻撃されることを前提としたダメージコントロールとレジリエンス力(回復力)対策が求められています。2020年の東京五輪に向けた企業価値向上および企業防衛の一環として、国内企業のコーポレートサイトや金融などの商用Webサイトにおいて、あらゆる地域からの多様な攻撃に対処するためにWeb改ざん検知/変更管理製品の需要がより一層増すと予測しています」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2017」に詳細を掲載しています。同レポートには、ファイアウォール/UTM、WAF、DDoS対策、ネットワーク/プラットフォーム脆弱性管理など全10分野を対象に、国内45ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2017

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)