Pocket

2017年のIoT市場規模は4,850億円、2020年には1兆3,800億円に急速に拡大
ITRが業界別・分野別のIoT市場規模および予測を分析
企業ごとのリクエストに応じた、IoTカスタム分析レポートサービスを開始

2017年10月12日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の業界別・分野別のIoT市場の調査を実施し、その中から分野別の市場規模および予測を発表します。また、調査結果を企業ごとのリクエストに応じて集計・提供する、IoTカスタム分析レポートサービスを開始いたします。

  • IoTをビジネスに活用する企業は増加し、その適用分野も多様化する傾向にあります。ITRでは、IoTの活用分野を28種に分類し、各々の実施率(図)と投資状況を調査しました。この結果、モノのトラッキング、工場生産の最適化、エネルギー消費の最適化をはじめとして、多岐に及ぶ分野への投資が進んでおり、導入企業の多くが効果を実感していることが明らかとなりました。同市場は、活用企業が増加するとともに、1社あたりの投資額も増大することから、市場規模は2017年の約4,850億円から2020年に1兆3,800億円へと急速に拡大すると予測しています。


    図.IoT導入企業における分野ごとの実施率(全業界平均) 図.IoT導入企業における分野ごとの実施率(全業界平均)

    ITRの取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリストである金谷 敏尊は、「IoTは導入企業における投資意欲が非常に高く、すでに業界や業態を問わず広範の分野で活用されています。現在は、業務効率の向上やコスト削減を目的とした導入ケースが多く見られますが、スキルや技術が成熟するにつれ、IoT活用の目的が徐々にビジネスイノベーションの実現へシフトすることが予想されます」とコメントしています。

  • 分析概要

    今回の発表は、ITRが2017年8月に実施した「IoT投資実態調査」をはじめとする各種調査結果に基づいて分析したハイライトを紹介するものです。IoT投資実態調査では、502社、1,111プロジェクトの有効回答を得ており、IoT市場規模の現在と将来について、以下の活用分野、業界、技術レイヤーに分類して捉えることが可能です。このほか分析対象としては、採用技術、収集データ、推進上の課題、ベンダー認知度なども含まれます。


    活用分野(28分野)
    移動車両のトラッキング、モノのトラッキング、人のトラッキング、家畜のトラッキング、農業フィールドモニタリング、工場モニタリング、ホーム/ビルのモニタリング、小売店舗のモニタリング、公共設備のモニタリング、エネルギー供給網のモニタリング、輸送状態のモニタリング、車両の稼働状態モニタリング、人の健康のモニタリング/分析、家畜のモニタリング/分析、物理セキュリティ/警備、災害監視、自然環境モニタリング/分析、エネルギー消費の最適化、工場生産の最適化、サプライチェーンの最適化、配送ルートの最適化、シェアリングサービス、ウェアラブルデバイス、スマートプロダクト、コネクテッドカー/車両、スマート保険/テレマティクス保険、スマートリテール、IoT決済端末
    業界(15業界)
    金融、建設、運輸、情報通信、エネルギー、化学、食品、自動車、機械、電機・精密、日用品、小売・卸、サービス、ヘルスケア、公共
    技術レイヤー(6レイヤー)
    アプリケーション、IoTセキュリティ、プラットフォーム、広域通信、近距離通信、デバイス/センサー

  • ITRでは、本調査の詳細データを利用した、IoTカスタム分析レポートを、企業やITベンダーの個別リクエストに応じて集計・提供するサービスを開始いたします。ご関心のある方は、下記にあるお問い合わせボタンからお問い合わせください。

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)