Pocket

2016年度の振る舞い検知サービス市場は前年度比14.2%増と2桁成長、2017年度以降さらに拡大
ITRが振る舞い検知サービス市場規模推移および予測を発表

2017年6月22日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の振る舞い検知サービス市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内振る舞い検知サービス市場の2016年度の売上金額は59.4億円、前年度比14.2%増の2桁成長となりました。同サービスは、巧妙かつ悪質な標的型攻撃・サイバー攻撃によって、従来のパターンマッチングでは対応できない未知の脅威が増大していることから、不正な通信や挙動、未知の脅威の検知や対策支援を行うサービスとして市場に定着しています。今後も悪質な標的型攻撃・サイバー攻撃が発生し続けることが予想されるため、2017年度以降も引き続き好調な伸びが予想されます。


    図.振る舞い検知サービス市場規模推移および予測 図.振る舞い検知サービス市場規模推移および予測

    ITRのシニア・アナリストである大杉 豊は、「エンドポイントセキュリティは、従来からあるシグネチャーベースのマルウェア対策製品ではほとんど検知が不可能な状態であり、情報漏洩の観点からも意図しないデータ転送や暗号化(ランサムウェア)などを含めた、通常とは異なる挙動を検知することの重要性が増しています。また、検知だけでなく防御・回復の実施や、拡散防止などのダメージコントロール、フォレンジックまでを実施できるサービスが求められています。今後は従来型のマルウェア対策製品と振る舞い検知型製品が統合化していくことが予測されます。また、企業内のみの監視ではエンドポイントからの巧妙なデータ漏洩などをリアルタイムで検知することは難しいため、外部セキュリティアナリストのノウハウを活用することや、AI技術を利用したサービス支援が一般化していくと考えられます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:内部漏洩対策型SOCサービス市場2017」に詳細を掲載しています。同レポートには、振る舞い検知サービス、データベース運用監視サービス、セキュリティログ監視・分析サービスなど全7分野を対象に、国内27ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:内部漏洩対策型SOCサービス市場2017

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)