Pocket

2015年度のPaaS市場は74.4%増と高成長、2020年度は約6倍の市場規模を予測
ITRがPaaS市場規模推移および予測を発表

2017年3月14日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のPaaS市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内PaaS市場の2015年度の売上金額は前年度比74.4%増と、高い成長となりました。デジタルイノベーションによる新規ビジネスの創出や、新たな市場の開拓を模索する企業は増えつつあり、イノベーションへの意識は年々高まっています。これらイノベーションを推進するシステムを迅速かつ低リスクで構築する手法のひとつとして、アプリケーションの開発および実行環境、DBMS、システム連携などをサービスとして提供するPaaSに注目が集まっていることが要因です。今後、こうした流れがさらに拡大すると見込まれることから、2016年度以降も高水準の成長率を維持し、同市場のCAGR(2015~2020年度)は43.9%、2020年度は2015年度と比較して約6倍の市場規模になると予測しています。


    図.PaaS市場売上金額推移および予測 図.PaaS市場売上金額推移および予測
  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2017」に詳細を掲載しています。。同レポートには、IaaS市場、PaaS市場、DaaS市場、迅速開発環境サービス市場を対象に、国内35ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2017

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)