Pocket

2015年度のAPI管理市場は80.0%増と急成長し、国内市場が本格化
2020年度の市場規模は5.6倍を予測
ITRがAPI管理市場規模推移および予測を発表

2016年12月13日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)管理市場規模推移および予測を発表します。

  • 国内API管理市場の2015年度の売上金額は前年度比80.0%増の高成長となりました。社内外にあるシステム間をセキュアに連携するための手段のひとつとして注目を集めつつあり、大企業を中心に導入が進んできていることが要因となっています。

    2016年度は新規参入ベンダーが増加し、各ベンダーの積極的なプロモーション活動などにより認知度が向上しており、前年度比で2倍程度の市場規模に膨らむと予測しています。現状はシステムの効率化を図る目的で、社内外に存在する複数のシステムをセキュアに連携するために導入されることが主となっています。今後は、APIの公開、およびそれに伴うデータの公開による新たな事業の創出への期待が需要の喚起を加速させ、デジタルイノベーションやデジタルトランスフォーメーションを実現するコア技術のひとつとして導入が進むと考えられることから、同市場のCAGR(2015~2020年度)は41.1%、2020年度には2015年度の5.6倍になると予測しています。


    図.API管理市場売上金額推移および予測 図.API管理市場売上金額推移および予測
  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:システム連携/統合ミドルウェア市場2016」に詳細を掲載しています。同レポートには、BPM市場、BRMS市場、EAI市場、ESB市場、API管理市場、CEP市場、EDI市場を対象に、国内33ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:システム連携/統合ミドルウェア市場2016

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)