Pocket

2015年度のSIEM市場の売上金額は33億5,000万円、前年度比16.7%増と高成長、CAGR(2015~2020年度)は13.0%を予測
ITRが国内SIEM市場規模推移および予測を発表

2016年7月5日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSIEM(Security Information and Event Management)市場規模推移および予測を発表しました。

  • 国内SIEM市場の2015年度の売上金額は33億5,000万円、前年度比16.7%増となりました。SIEMは、各種ログを一元的に収集・管理する機能を中核に、それらログデータの相関分析により、セキュリティ脅威をリアルタイムに検知・アラートを出す製品です。SIEM製品はこれまではコンプライアンス支援として導入が進んできましたが、近年ではサイバー攻撃対策としての需要が大きく拡大しています。通信業などをはじめ大企業での導入が堅調に進むほか、既存ユーザーのシステム拡張が進んでいるSplunk社が2015年度で高い伸びを示しており、市場の拡大を牽引しています。

    近年、高度化、多様化しているサイバー攻撃に対応すべく、インテリジェントな機械学習やAI技術を利用した次世代SIEMが登場してきており、2016年度は同14.6%増の伸びを見込んでいます。また、同市場のCAGR(2015~2020年度)は13.0%を予測しています。


    図.国内SIEM市場規模推移および予測 図.国内SIEM市場規模推移および予測
  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:情報漏洩対策市場2016」に詳細を掲載しています。同レポートには、ディスク暗号化、IRM(Information Rights Management)、メール誤送信防止、データベース監査・保護、データベース暗号化、統合ログ管理、SIEM(Security Information and Event Management)、ネットワーク・フォレンジクス、EDR(Endpoint Detection and Response)の全9分野を対象に、国内59ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:情報漏洩対策市場2016

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)