Pocket

2015年度のEDR市場の売上金額は10億5,000万円、前年度比64.1%増と躍進、CAGR(2015~2020年度)は37.7%を予測
ITRが国内EDR市場規模推移および予測を発表

2016年6月21日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のEDR(Endpoint Detection and Response)市場規模推移および予測を発表しました。

  • 国内EDR市場の2015年度の売上金額は10億5,000万円、前年度比64.1%増と急速な伸びとなりました。EDRは、エンドポイント側での脅威対策製品で、従来のアンチウィルスを中心としたセキュリティ製品では防ぐことが困難な脅威に対する検知・対応が可能な製品として、国内では2015年より本格的に市場形成されました。標的型攻撃などの昨今のサイバー攻撃の巧妙化、高度化の動きを受けて、未知の脅威や不自然な挙動を検知し、対応を行うという、同市場のニーズは急速に拡大しており、市場への参入ベンダーも増加傾向にあることから、2016年度も同69.5%増と引き続き大幅な伸びが見込まれます。

    長期間にわたる標的型攻撃の増加により、事象の発生から数年間、時間軸を遡って調査するネットワーク・フォレンジクス市場もCAGR(2015~2020年度)13.9%と高い伸び率を見込んでいますが、国内で2015年度に急速に立ち上がったEDR市場はこれを大きく上回る37.7%のCAGRで市場が拡大し、2020年度には52億円となると予測しています。


    図.国内EDR市場規模推移および予測 図.国内EDR市場規模推移および予測
  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:情報漏洩対策市場2016」に詳細を掲載しています。同レポートには、ディスク暗号化、IRM(Information Rights Management)、メール誤送信防止、データベース監査・保護、データベース暗号化、統合ログ管理、SIEM(Security Information and Event Management)、ネットワーク・フォレンジクス、EDR(Endpoint Detection and Response)の全9分野を対象に、国内59ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:情報漏洩対策市場2016

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)