Pocket

2015年度の脆弱性診断の売上金額は11億円、前年度比19.6%増と大きな伸び、
ITRが国内脆弱性診断市場規模推移および予測を発表

2016年6月15日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の脆弱性診断市場規模推移および予測を発表しました。

  • 国内脆弱性診断市場の2015年度の売上金額は11億円とまだ小さいものの、前年度比19.6%増の伸びを示しました。脆弱性診断は、疑似アタックやスキャニングの手法を用いて、情報システムやその構成要素の脆弱性を検出する製品・サービスです。脆弱性診断は新しいものではないが、昨今脆弱性を起点とした侵入、改ざん、情報漏洩などのセキュリティ事件・事故、サイバー攻撃が増加傾向にあることを背景に、脆弱性診断への関心が高まってきています。

    被害を未然に防ぐため、情報資産の現状を適切に把握し、内在する脆弱性に対処することの重要性への認知が拡大しつつあり、2016年度も同20.9%増と引き続き高い伸びを見込んでいます。また、特にWebシステムにまつわる脆弱性は今後より問題視され続けるであろうことから、同市場のCAGR(2015~2020年度)は16.4%の高い伸びを予想しています。


    図.国内脆弱性診断市場規模推移および予測 図.国内脆弱性診断市場規模推移および予測
  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2016」に詳細を掲載しています。同レポートには、ファイアウォール/UTM(統合脅威管理)、IDS/IPS(不正侵入検知システム/不正侵入防御システム)、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)、URLフィルタリング、Webゲートウェイ・セキュリティ、サンドボックス型ゲートウェイ・セキュリティ、DDoS対策、Web改ざん検知、脆弱性診断市場の国内全48ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2016

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)