Pocket

DDoS攻撃手段の多様化に伴い、2015年度のDDoS対策市場の売上金額は前年度比42.2%増と大幅な伸び
ITRが国内DDoS対策市場規模推移および予測を発表

2016年6月9日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のDDoS対策市場規模推移および予測を発表しました。

  • Webサイトに大量のパケットを送信してサービス停止に追い込むDDoS攻撃は、企業にとって深刻な脅威となりつつあります。大規模なDDoS攻撃に対抗できるハードウェアを自前で用意するには多大なコストを要するため、これまでは通信事業者やISPが設備を用意し、企業に対してDDoS攻撃の対策サービスを提供する形態が主流でしたが、攻撃手法の多様化に伴い、自社で製品・サービスを導入する企業が増えつつあります。

    国内DDoS対策市場の2015年度の売上金額は約27億円、前年度比42.2%増と大幅な伸びとなりました。市場に新たに参入するベンダーが増えつつあることもあり、2016年度も同43.6%増と引き続き大きな伸びが予想されます。同市場のCAGR(2015~2020年度)は22.4%の高い伸びを予想しています。

    DDoS対策市場をアプライアンスとSaaSの提供形態別で比較すると、2015年度はアプライアンス市場が前年度比31.3%増に対し、SaaS市場はほぼ倍増の急速な伸びを示しました。アプライアンスでの導入も大きな伸びを示していますが、それ以上にSaaSでの導入が進んでいます。主要ベンダーがSaaSでの提供を強化していることが背景にあります。2016年度もSaaS市場の大幅な拡大が見込まれ、SaaSのシェアがさらに高まると予測しています。


    図1.国内DDoS対策市場規模推移および予測:提供形態別 図.国内DDoS対策市場規模推移および予測:提供形態別
  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2016」に詳細を掲載しています。同レポートには、ファイアウォール/UTM(統合脅威管理)、IDS/IPS(不正侵入検知システム/不正侵入防御システム)、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)、URLフィルタリング、Webゲートウェイ・セキュリティ、サンドボックス型ゲートウェイ・セキュリティ、DDoS対策、Web改ざん検知、脆弱性診断市場の国内全48ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2016

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)