Pocket

現状は黎明期だが、今後、企業による取り組みの活発化が予測されるNoSQL
― ITRがNoSQLに関する調査結果を発表 ―

2015年5月12日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、本日、従業員数が100名以上でビッグデータを活用した分析・解析を実施している国内ユーザー企業に勤務し、データベース管理に従事している個人を対象に実施したNoSQLの利用動向に関する調査結果(有効回答:197件)の一部を発表いたします。

  • 高い性能向上への期待

    NoSQLに対して何を期待しているかを問うた結果では、「クエリ(検索)処理性能の向上」が最も高い割合となり、性能向上に関する回答が上位を占めました。NoSQLの機能的な特徴である「非構造化データの処理のしやすさ」「パフォーマンスチューニングの簡素化」といった回答は2割前後とそれほど高い割合にはなりませんでした。このことから、企業では、利用するデータ量の増加に伴い課題となっているRDBMSの処理性能の低下をNoSQLによって改善できるのではないかと期待を寄せていると予測します。


    図1.NoSQLに対する期待 図1.NoSQLに対する期待
  • 現状は情報収集が中心であるが、多くの企業はNoSQLに対する取り組みを開始

    NoSQLに対する企業の取り組み状況を問うた結果では、「NoSQLについて幅広く情報収集をしている」が51.7%と最も高い割合となりました。さらに、単一製品または複数製品に対して動作確認を実施していると回答した割合は各3割程度、「補完的ではあるがすでに一部の業務に適用している」は11.2%、「既に業務に導入し、日々運用を行っている」は4.9%となりました。このことから、国内企業のNoSQLへの取り組みは、現状では情報収集が主であり、一部の企業が機能確認や動作検証を開始しているという黎明期であるといえます。また、「特に何もしていない」と回答した割合が6.3%だったことから、今後、企業におけるNoSQLへの取り組みが進み、利用が増加する可能性が高まることが予想されます。


    図2.NoSQLに対する企業の取り組み状況(複数回答) 図2.NoSQLに対する企業の取り組み状況(複数回答)
  • 大手ベンダーに集まる今後の利用製品

    今後利用したいと考えるNoSQL製品を問うた結果では、独立したベンダーが提供するNoSQL製品よりも、Microsoft社、Google社、Oracle社、Amazon Web Services社といった、大手のクラウドまたはソフトウェアベンダーの製品の割合が高い結果となりました。なお、Apache HBaseはオープンソース製品ではありますが、主要なHadoopディストリビュータが製品にバンドルして提供しています。これは、多くの企業がNoSQLに対する取り組みを開始したばかりであり、製品やサービスに対する十分なスキルを蓄積していないために、ベンダーからのサポートを必要としていること、テスト利用段階であるために、専用のハードウェア環境を用意することなく利用が可能なクラウド製品を選択したいと考えていることが主な原因となっていると推測します。


    図3.今後利用したいNoSQL製品 図2.NoSQLに対する企業の取り組み状況(複数回答)

    今後、NoSQLに対して、機能や性能に関する評価や検証を行う企業が増加することが見込まれますが、現状では、MongoDB社やDatastax社といったNoSQL製品ベンダーは国内法人を設けておらず、大手SIベンダーの取り組みも少なく、利用者によるコミュニティ主体のサポートが行われています。Webサービス事業者やオンラインゲーム事業者のように、多くの開発エンジニアを抱え、オープンソース製品の利用に慣れている企業だけでなく、一般的な企業でも利用されるようになるためには、製品ベンダーやSIベンダーから、RDBMSと同様なレベルのサポートサービスを受けられる環境が整う必要があると考えます。

【調査概要】
  • 調査名:「NoSQLに関する動向調査」
  • 実施期間:2015年3月
  • 調査方法:ITRの独自パネルを対象としたインターネット調査
  • 調査方法:従業員数100人以上でビッグデータを活用した分析・解析を実施している国内ユーザー企業に勤務し、データベース管理に従事している個人
  • 有効回答数:197件
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)