国内オンラインファイル共有サービス市場は2012年度34.6%増、2017年度には市場規模が100億円を突破
ITRがコンテンツ管理関連の市場調査結果を発表
― 「ITR Market View:コンテンツ管理市場2013」を発行・販売開始。特別付録として同時進行で実施したユーザーアンケート調査結果も収録 ―

2013年7月4日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、大企業向けECM(Enterprise Content Management)、中堅企業向けECM、オンラインファイル共有サービス、WCM(Web Content Management)、IRM(Information Rights Management)、全文検索ソフトウェア、ワークフロー製品を対象とした市場調査結果、およびオンラインファイル共有サービス市場予測を発表します。また、国内53ベンダーへの調査をベースとしたこれらの市場動向と分析をまとめた市場調査レポート「ITR Market View:コンテンツ管理市場2013」を本日発刊します。

  • 大企業向けECM:大口案件の減少で2012年度1.8%増、2013年度も3.6%と微増の見込み
  • 中堅企業向けECM:2012年度4.1%減、2013年度も1.8%減と縮小傾向
  • オンラインファイル共有サービス:2012年度34.6%増と急拡大、2013年度も28.6%増を予測
  • WCM:2012年度は17.5%増と活況、2013年度も23.1%増の見込みでシェア争いは激化へ
  • IRM:大手製造業でのグローバル展開での高い需要により、2012年度は22.8%増、2013年度も24.3%増の高い伸びを予測
  • 全文検索ソフトウェア:2012年度はSaaSの拡大により10.2%増と好調、2013年の市場は6.5%増、SaaSが過半数のシェアを占めると予想
  • ワークフロー:アップグレード需要に支えられ、2012年度12.1%増、2013年度も13.5%増と好調を維持
  • オンラインファイル共有サービス市場は2012年度34.6%増、2017年度には100億円超を予測

    国内オンラインファイル共有サービス市場の2012年度の売上金額は35億円、前年度比34.6%増と大幅な伸びとなりました。企業間での情報共有が活発化していることが背景にあります。2013年度も同様の傾向が続いていることから、売上金額は45億円、前年度比28.6%増と引き続き大きな伸びを見込んでいます。市場の注目度の高まりとともに、参入ベンダーも拡大しつつあることから、2012年度から2017年度までの年平均成長率(CAGR)は24.6%、市場規模は100億円を突破すると予測しています。


    図. オンラインファイル共有サービス市場規模推移および予測(単位:億円)

    ITRのシニア・アナリストである舘野真人は、「業務のペーパーレス化の進展などにより、デジタル文書を受け渡す機会は日増しに増大しています。それに伴い、安全性・機密性を保ちつつネットワーク経由でファイルを手軽に共有・交換したいというニーズもまた高まっており、オンラインファイル共有サービスは、今後も順調に市場規模を拡大していくと見られます。しかしながら、現在のシェア上位ベンダーがそのまま順調にビジネスを拡大できるかについては不透明であり、現在は下位のシェアにとどまっていたり、未参入のベンダーが一気に上位に浮上するシナリオも考えられます」とコメントしています。

  • 「ITR Market View:コンテンツ管理市場2013」のレポート概要

    発行日:2013年7月4日
    体 裁:CD-ROM版(PDF/377ページ)
    発 行:株式会社アイ・ティ・アール
    価 格:19万9,500円(税込)

    対象分野:

    • ECM
      • 大企業向けECM/対象ベンダー数11社
      • 中堅企業向けECM/8社
    • オンラインファイル共有サービス/12社
    • WCM/13社
    • IRM/7社
    • 全文検索ソフトウェア/11社
    • ワークフロー/11社
    • 掲載データ:
      • 市場規模実績(2011~2012年度)および予測(2013~2017年度)
      • マーケットシェア(2011~2013年度予測):ベンダー別、業種別、企業従業員規模別、提供形態別*(*対象市場のみ)
      • 市場分析
      • ベンダー各社(53社)のプロファイル:
        【調査項目】製品別売上高/製品別売上比率(チャネル別、業種別、企業従業員規模別、DBMS別)/戦略/初期導入時の平均モデル/主要パートナー/主要ユーザー企業/人員構成 など、詳細データ

    詳細な目次は http://www.itr.co.jp/research_service/market_view/content_management2013/
    に掲載

    特別付録:「ITR User View:コンテンツ管理市場2013」の提供

    なお、本レポートには、特別付録として、国内企業の情報系システムの選定・運用にかかわる役職者(有効回答数:292件)を対象に2013年6月に実施したアンケート調査レポート「ITR User View:コンテンツ管理市場 2013」を同梱いたします。

    ITR User Viewでは、ITR Market Viewの調査対象のうち5分野(ECM、WCM、IRM、ワークフロー、オンラインファイル共有サービス)について、以下のような設問を網羅した導入と利用形態に関わる調査を行い、その集計結果を掲載しています。

    • 今後の投資計画
    • 導入効果
    • 将来のあるべき利用形態
    • 現在利用している製品ベンダー/今後利用したい製品ベンダー

    また、ITR Market Viewで算出したベンダー別の「売上金額シェア」と、ITR User Viewのアンケート回答を基に算出した「ユーザー期待値指数」を組み合わせたベンダー・ポジショニング・マップ「ITR DatumiX(データミックス)」(下図はオンラインファイル共有サービス2013の例)を収録しています。


    図. ITR DatumiX:オンラインファイル共有サービス 2013

    本件についてのお客様からのお問い合わせ先

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)