国内人材管理(タレントマネジメント)市場は2012年度は12.8%増、2016年までのCAGRは9.2%を予測
ITRが人事管理、給与管理、人材管理、就業管理、LSP、LMSの市場調査結果を発表

― 「ITR Market View:人事・人材管理市場2013」を発行・販売開始 ―

2013年6月11日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、人事管理、給与管理、人材管理(タレントマネジメント)、就業管理、LSP(Labor Scheduling Program:就労者スケジューリング・プログラム)、LMS(Learning Management System:学習管理システム)製品を対象とした市場調査結果、および人材管理市場予測を発表します。また、国内56ベンダーへの調査をベースとしたこれらの市場動向と分析をまとめた市場調査レポート「ITR Market View:人事・人材管理市場2013」を本日発刊します。

  • 人事管理:2011年度の市場は前年度比2.9%減と低迷、2012年度は3.2%増に回復
  • 給与管理:2011年度は1.5%の微増、2012年度は5.2%増と復調へ
  • 人材管理:2011年度は48.0%増の急拡大、2012年度も12.8%増と大きな伸びを予測
  • 就業管理:2012年度は1.1%の微増だが、SaaSは好調に拡大し市場全体の3分の1を超える
  • LSP:製品の認知度が高まりつつあり、2011年度は16.5%増、2012年度も15.2%増と好調
  • LMS:2011年度は23.7%増、2012年度は大企業への導入が進み12.9%増の予測
  • 人材管理市場は2011年度48.0%増と急拡大、2012年度も12.8%増と大きな伸びに

    国内人材管理市場の2011年度の出荷金額は約15億円、前年度比48.0%増と大幅な伸びとなりました。グローバル展開している大企業での人材管理需要の高まりが背景にあります。2012年度も同様の傾向が続いていることから、出荷金額は約17億円、前年度比12.8%増と引き続き大きな伸びを見込んでいます。市場の注目度の高まりとともに、参入ベンダーも拡大しつつあることから、2011年度から2016年度までの年平均成長率(CAGR)は9.2%を予測しています。


    人材管理市場規模推移および予測

    ITRのプリンシパル・アナリストである浅利浩一は、「タレントマネジメントと呼ばれる人材管理製品が注目を集めており、企業からの問い合わせも増えています。グローバル人材の育成を強化するといった長期・大局的な目的もその背景にあります。ただし、人事管理と機能が重複する部分がある点と、タレントマネジメントが適切に理解されておらず過度の期待によるトレンドも存在します。現状の人事システムではなぜ人材のデータベース化や戦略的な活用ができなかったのか、企業は根本的な原因を直視することから検討を始めるべきであると考えます」とコメントしています。

  • 「ITR Market View:人事・人材管理市場2013」のレポート概要

        発行日:2013年6月11日
        体 裁  :CD-ROM版(PDF/626ページ)
        発 行  :株式会社アイ・ティ・アール
        価 格  :19万9,500円(税込)

    • 対象分野:
    • 人事・給与・人材管理
      • 人事管理/対象ベンダー数25社
      • 給与管理/23社
      • 人材管理/9社
    • 就業管理/25社
    • LSP/3社
    • LMS/16社
    • 掲載データ:
      • 市場規模実績(2010〜2011年度)および予測(2012〜2016年度)
      • マーケットシェア(2010〜2012年度予測):ベンダー別、業種別、企業従業員規模別、提供形態別*(*対象市場のみ)
      • 市場分析
      • ベンダー各社(56社)のプロファイル:
        【調査項目】製品別売上高/製品別売上比率(チャネル別、業種別、OS別、企業従業員規模別、DBMS別)/戦略/初期導入時の平均モデル/ 主要パートナー/主要ユーザー企業/人員構成 など、詳細データ
        詳細な目次は http://www.itr.co.jp/research_service/market_view/HR2013/ 
        に掲載

    本件についてのお客様からのお問い合わせ先

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)