DBMSアプライアンス市場は2012年度37.4%増の見込み、
参入ベンダーの増加で混戦市場へ
ITRがDBMS市場、BI市場、帳票作成運用市場の調査結果を発表
― 「ITR Market View:DBMS/BI市場2013」を発行・販売開始 ―

2013年3月14日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、DBMS(RDBMS、DBMSアプライアンス)、BI(ETL、データ分析/レポーティング、DWH用DBMS、データ・マイニング、テキスト・マイニング)および帳票作成運用を対象とした市場調査の結果および、調査対象の製品分野のなかで高い伸びを示しているDWH用DBMSとDBMSアプライアンス市場の動向を発表します。また、国内39ベンダーへの調査をベースとしたこれらの市場動向と分析をまとめた市場調査レポート「ITR Market View:DBMS/BI市場2013」を本日発刊します。

  • RDBMS:2010 年度から2012年度はオラクルがトップを維持も、マイクロソフトが僅差に迫る
  • DBMSアプライアンス:2012年度は37.4%増(金額ベース)の見込み、参入ベンダーの増加で混戦へ
  • ETL:2011年度は4.1%の微増、2012年度は若干上向きに。IBMはシェアトップを維持
  • データ分析/レポーティング:2011年度は前年度比11.0%増、2012年度はやや減速
  • DWH用DBMS:2011年度、2012年度とも30%超の大幅な成長
  • データ・マイニング:IBMが高いシェアを維持し、市場は2011年度8.9%増、2012年度も堅調
  • テキスト・マイニング:ソーシャルメディア分析用途の拡大で、市場は2011年度・2012年度ともに10%超の伸び
  • 帳票作成運用:ウイングアークが市場を牽引し、2011年度は10%増、2012年度も堅調な伸び
  • DWH用DBMS市場およびDBMSアプライアンス市場は、2012年度に向けて30%超の成長

    本調査レポートの対象市場のなかで2011年度の市場規模を最も大きく伸ばしたのは、DWH用DBMS市場であり、前年度比37.8%増の22億4,000万円(パッケージ・ライセンス出荷金額ベース)となりました。これは、SAPの伸びによるところが大きく、2012年度も同市場は31.7%増と引き続き大きな伸びを維持すると予想しています。
    一方、DBMS製品とハードウェアをセットにしたDBMSアプライアンス市場も、2011年度は21.1%増、2012年度は37.4%の大きな伸びを示すと予測しています。先行する主要3社(テラデータ、オラクル、IBM)に加え、2012年度より国産ベンダーも製品投入し参入ベンダーが増加しています。今後市場は年平均成長率(CAGR・2011~2016年度)26.7%の高い伸びで拡大するとともに、混戦へ向かうと予測しています。


    DBMSアプライアンス市場規模推移および予測

    ITRのシニア・アナリストである生熊清司は、「新たなビジネスチャンスを得るために分析系のアプリケーションでDBMSの利用が拡大しています。今後は、データ管理コストの増加が問題視されることが想定され、現在注目を浴びているDBMSアプライアンス製品だけでなく、OSS製品やHadoopなどのNoSQL製品、さらにはDBaaS(Database as a Service)も含めた検討機会が増えるでしょう」とコメントしています。

  • 「ITR Market View:DBMS/BI市場2013」のレポート概要

        発行日:2013年3月14日
        体 裁  :CD-ROM版(PDF/326ページ)
        発 行  :株式会社アイ・ティ・アール
        価 格  :19万9,500円(税込)

    対象分野
    • RDBMS/対象ベンダー数9社
    • DBMSアプライアンス/6社
    • ETL (Extract/Transform/Load)/10社
    • データ分析/レポーティング/15社
    • データウェアハウス用DBMS/7社
    • データ・マイニング/5社
    • テキスト・マイニング/7社
    • 帳票作成運用/7社

      掲載データ:
    • 市場規模実績(2010~2011年度)および予測 (2012~2016年度)
    • マーケットシェア(2010~2012年度予測):ベンダー別、業種別、売上規模別、OS別*(*対象市場のみ)
    • 市場分析
    • ベンダー各社(39社)のプロファイル:
      【調査項目】製品別売上高/製品別売上比率(チャネル別、業種別、OS別、企業売上規模別)/戦略/初期導入時の平均モデル/主要ユーザー企業/人員構成 など、詳細データ


    詳細な目次は http://www.itr.co.jp/research_service/market_view/DBMS_BI2013/ 
    に掲載

    本件についてのお客様からのお問い合わせ先

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)