2009年度の国内ESB市場は前年比4.4%減となるも、2010年度はプラスへ
— 「ITR Market View:SOA/連携ミドルウェア市場2010」を発行・販売開始 —

2010年7月27日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(本社:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、アプリケーション・サーバ、BPM/BAM(Business Process Management/Business Activity Monitoring)、ESB(Enterprise Service Bus)、CEP(Complex Event Processing)、EDI(Electronic Data Interchange)ツールの5つの製品市場を対象に、国内33社のベンダー製品の調査を行い、調査結果を市場調査レポ−ト『ITR Market View:SOA/連携ミドルウェア市場2010』として発刊いたしました。本日、本調査結果のなかから、ESB市場の調査結果を発表します。

  • プログレスの低迷が影響し、2009年度のESB市場は前年比4.4%の減

    国内ESB市場の2009年度出荷金額は前年比4.4%減の19億5,000万円となりました。IT投資の抑制の影響も一部ありますが、プログレスが買収に伴って売上げを減少させたことが要因となっています。ITRでは、2010年度の同市場は同8.7%増のプラスに転じると予測しています。

    同市場で首位を堅持しているIBMの「WebSphere Enterprise Service Bus」は、SAPユーザーのシステム連携需要が堅調に進み、2009年度は33.3%のシェアを獲得しました。2位のプログレスは、米国本社のIONA Technologies社買収に伴って2009年度に両日本法人も統合、販売体制の改変に伴う一時的な販売の停滞により、シェアを減少させました。3位以降のNEC、オラクル、富士通、日立製作所は、2010年度も堅調な出荷を維持し、ほぼ横並びの状況が続くと見ています。


    国内ESB市場ベンダーシェア(2009年度・出荷金額ベース) 国内ESB市場ベンダーシェア(2009年度・出荷金額ベース)

    ITRのシニア・アナリストである生熊清司は、「クラウド・コンピューティングの時代を迎え、社内システムとパブリック・クラウドとの連携、異なるパブリック・クラウド間の連携が必要となるケースや、ビジネスのグローバル化とともに自社やパートナー企業のシステムとの連携もさらに重要性を増してきています。ESBは、既存資産を有効活用しつつ、クラウドやパートナー企業といった社外システムとの接続を行うための現実的なソリューションとして、今後利用が拡大していくでしょう」とコメントしています。

  • 「ITR Market View:SOA/連携ミドルウェア市場2010」のレポート概要
    発行日 2010年7月27日
    体裁 レポート版(A4判・バインダー装丁)/約230ページ、
    またはCD-ROM版(全編PDFファイル形式で提供)
    発行 株式会社アイ・ティ・アール
    価格 レポート版 14万7,000円(税込)、CD-ROM版 29万4,000円(税込)

    対象分野:
        アプリケーション・サーバ市場
        BPM/BAM(Business Process Management/Business Activity Monitoring)市場
        ESB(Enterprise Service Bus)市場
        CEP(Complex Event Processing)市場
        EDI(Electronic Data Interchange)ツール市場
    掲載データ:
        市場規模実績(2008~2009年度)および予測(2010~2014年度)
        マーケットシェア(2008~2010年度予測):ベンダー別、業種別、OS別
        市場分析
        当該ソフトウェア・ベンダー33社のベンダー・プロファイル:
        【調査項目】製品別売上高/製品別売上比率(チャネル別、業種別、OS別、企業売上規模別)/戦略/初期導入時の平均モデル/人員構成/主要ユーザー企業  など

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)