Pocket

[特集]SD-WANの重要性(前編) ― 外部連携する動的制御可能な企業ネットワークの価値―

SD-WANは単なるSDNのWAN版ではない。SD-WANは特定のテクノロジを指すものではなく、企業ネットワークの課題解決のための重要トレンドである。現時点では事業者/ベンダーにより提供機能や採用テクノロジが異なるが、自社ビジネスの俊敏な展開やネットワーク運用管理コストの低減に有効なソリューションとしての価値をよく理解したうえで検討を開始すべきである。

企業ネットワークにおける課題

  • 国内企業のIT部門において、自社ネットワークの構築と運用は長年重要な業務のひとつとなっている。国内では一般的に「IP-VPN」と総称される企業向けMPLS(Multi-Protocol Label Switching)、広域イーサネット、専用線、ブロードバンド回線など、多種多様なネットワーク回線やサービスを利用することが可能な日本は世界でも希有な環境にあり、その豊富な選択肢を駆使して、国内企業のIT部門は適切なコストで堅牢かつ高パフォーマンスのネットワークを構築/運用してきた。

    図1に大企業におけるネットワーク構成の典型例を示す。新しい回線/サービスが提供開始された後やネットワーク回線/サービスの契約期間終了前に、コストパフォーマンスに優れている回線/サービスを選択し、それらを相互接続して運用していることが非常に多い。しかしながら、オフィスLAN、データセンターLAN、国内WAN、海外WAN、モバイルWAN、リモートアクセス、インターネット接続など、各々異なるアーキテクチャとポリシーを持つネットワークが併存し、企業ネットワーク全体としての統合運用管理が困難な状況に陥っている。

    図1.国内大企業におけるネットワーク構成の典型例 図1.国内大企業におけるネットワーク構成の典型例

    次に年間売上金額1,000億円以上の大企業に対し、自社ネットワークの運用管理における課題をたずねた結果を図2に示す。「利用者・ID管理が煩雑になっている」「構成管理が大変である」「オフィス・フロア内のレイアウト変更が頻繁にある」と回答した企業が多いことがわかる。つまり、ユーザー管理、ネットワーク構成管理、変更対応が主な課題となっている。このような状況に陥っている根本原因は、企業ネットワーク全体に対するアーキテクチャおよびポリシーがなく、場当たり的なネットワーク事業者/回線/サービスの選定を行っていることにあると考えられる。

    図2.国内大企業におけるネットワーク運用管理上の課題 図2.国内大企業におけるネットワーク運用管理上の課題

Software Defined Everything

  • かねてより「SDx」と表現するテクノロジが多く登場している。「Software Defined(以降「SD」)」とは「ソフトウェアで制御可能」という意味であり、外部プログラムによって構築/運用/保守を可能とするものである。

    SDC(Software Defined Computing)はハードウェア環境の仮想化によりコンピューティング環境をSD化するもので、VMwareを代表とするSDCソリューションはほとんどの大企業に採用されている。SDS(Software Defined Storage)はストレージのSD化であり、これまでにより個々のストレージベンダーのテクノロジ/ソリューションに精通した技術者により行ってきたストレージの構築/運用/保守作業がより手軽になった。SDN(Software Defined Network)は、SDSよりも前に普及したテクノロジ/ソリューションであり、OpenFlow、Open Daylight、VMware NSXといった革新的ネットワーク・テクノロジによりネットワークをSD化したものである。しかし、SDNは主にデータセンターやオフィスといったLAN領域が主な適用範囲であった。

SD-WANの価値

  • SD-WANはSDNのテクノロジに依存せず、多種多様なテクノロジでWANを含め企業ネットワーク全体をSD化するものである。近年「SD-WAN」という用語がメディアなどで頻繁に登場している。これはSoftware Defined-WANの略である。ITRではSD-WANを「企業拠点や多種多様なデバイスを結ぶネットワークに対し、ソフトウェアによって動的なオンデマンド制御を可能にするテクノロジ」と定義している。SD-WANはSDNまたは他の特定のテクノロジを指すものではなく、前述した企業ネットワークの運用管理上の課題を解決するためのネットワーク・ソリューション群を指す言葉である。

    具体的には、どのようなものをSD-WANと呼ぶのであろうか。多くの大手ユーザー企業が加盟し、ネットワークのオープン化を目的としたコミュニティであるONUG(Open Networking User Group)は、SD-WANの技術要件をまとめている(図3)。この中で、2と6はネットワークサービス事業者またはベンダーにとって重要な項目であるため、ユーザー企業は注目する必要はあまりない。残る8項目は、企業ネットワークにおいて非常に重要なポイントであり、これらを満たすことができれば、WAN/インターネット/モバイル回線などの各種ネットワークをシームレスに利用することができ、前述の企業ネットワーク運用管理上のさまざまな課題は解決し、ネットワークの準備期間も短くなるであろう。

    図3.ONUGによるSD-WANの技術要件 図3.ONUGによるSD-WANの技術要件

提言

  • SD-WANは特定のテクノロジを指すものではなく、さまざまなテクノロジ/ソリューションで企業ネットワークの仮想化を実現するものである。提供事業者/ベンダーにより、実装する機能もテクノロジも異なるため、全体像を把握するのは容易ではない。しかし、現在の大企業の多くが抱えるネットワーク上の課題を解決するために登場したものであるため、企業全体のネットワーク運用管理コストを削減したり、シームレスなネットワーク体験を提供したりするうえで重要なトレンドであるといえる。

    現時点では事業者/ベンダーにより提供機能や採用テクノロジが異なるが、自社ビジネスの俊敏な展開やネットワーク運用管理コストの低減に有効なソリューションとしてその価値をよく理解した上で検討を開始すべきである。

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)