IT投資動向カスタムレポートサービス

自社のIT投資の妥当性をあらゆる切り口から検証可能

企業のIT投資は、金融業や製造業など業種ごとに特徴があります。また、中小企業と大企業など企業規模によっても、特定製品における投資意欲の高さなどにも差が見られます。本サービスでは、ITRが毎年実施している「IT投資動向調査」のデータを利用して、ご希望の分析軸で集計し、お客様独自のレポートを作成いたします。詳細なセグメントでの分析は、企業の戦略立案における同業他社との差異や自社のポジショニングなどを確認するうえで、有益なデータとなります。

サービスの活用例

  • 経営者に対して自社のIT投資・IT人材の状況を他社と比較して説明する客観的指標が欲しい
  • 特定の業種・規模の企業におけるIT投資意欲のIT技術・サービストレンドを知りたい
  • 同業種同セグメントのIT支出の内訳を数値で確認し、自社のIT支出の妥当性を検証したい

特徴

  • IT投資動向調査に基づいた集計・分析

    IT投資動向調査」の調査結果に基づき、特定の業種や企業規模における最新のIT動向をお客様の要望に沿ってカスタマイズ集計し、分析結果をレポートします。

  • 定量データをテーマごとに可視化

    定量データをさまざまな視点からグラフ化することにより、IT投資動向やIT人材動向などのテーマごとの特徴を可視化します。

  • ITRの知見に基づく提言の提供

    ご依頼から最短3週間でレポートを作成し、専任アナリストが御社にご訪問し、サマリを直接ご説明します。

分析軸の例:

  • 業種

    【大分類】製造業、建設・不動産、卸売・小売、金融・保険、情報通信、サービス、公共
    【小分類】食品・飲料、日用品・生活雑貨、繊維、パルプ・紙・印刷、化学工業、石油製品、鉄鋼・金属、プラスチック・ゴム、機械、電気機器、情報通信機器、電子部品・電子回路、精密機器、自動車・輸送機器、医薬品、建設、不動産、住宅、卸売、小売、商社、銀行、証券、生命保険、損害保険、通信、ITベンダー/システムインテグレーター、インターネット・サービス、情報システム子会社、電力・ガス・水道、運輸、倉庫、宿泊、飲食、娯楽・レジャー、メディア・出版・放送・広告、生活関連サービス(旅行業など)、医療、福祉・介護、教育(学校以外)、人材派遣・業務委託、学校、官公庁、地方自治体
    ※複数業種の組み合わせも可能

  • 企業規模

    【売上高規模】5,000億円以上/1,000億~5,000億円未満/500億~1,000億円未満/100億~500億円未満/10億~100億円未満/10億円未満
    【従業員数】1,000人以上/300~1,000人未満/300人未満

  • その他

    【ビジネスの現状認識】非常に好調/やや好調/やや不調/非常に不調
    【業界内でのポジション】リーダー/チャレンジャー/フォロワー/ニッチャー
    【海外売上比率】など

アウトプット・イメージ

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)