次世代企業IT基盤構想化

ビジネスに貢献する企業IT実現のための次世代IT基盤構想策定支援

次期ITインフラの基本構想や実装計画を策定するにあたり、経営戦略やビジネスゴールから企業IT基盤の目指す姿を描き、基本アーキテクチャ、基本要件と完成までのロードマップ策定を支援するサービスです。

ビジネス戦略から導き出す次期ITインフラ検討アプローチ

ITシステムは企業にとって極めて重要な武器になっています。IT部門はもちろんのことビジネス部門や経営者も、自社のビジネス戦略が重要であるのと同様に、それを支える自社のITインフラ戦略も極めて重要であると認識すべきです。

本サービスとは?

  • ビジネス指向アプローチ

    従来、IT基盤の基本構想は現状課題やユーザーヒアリングからの検討が通常でした。しかし、そのような手法では視野の狭い検討に終始し、ビジネスに貢献できる企業IT基盤の実現は困難です。本サービスでは、ビジネス戦略から次世代のIT基盤構想を策定し、現在とのギャップ分析で完成までのロードマップを作成します。

  • 広い対象範囲

    クラウド、ネットワーク、開発方法論、開発手法、システム連携/統合基盤、クライアントデバイス などアプリケーション以外の多種多様な領域を対象とすることが可能です。

  • 視野の広いクラウド戦略策定

    現在多くの企業が最優先課題としているクラウド活用戦略は検討が困難なテーマの1つです。本サービスのユニークな手法によって、ビジネス成果向上を目的とし、IT基盤全体の最適化を視野に入れてクラウド戦略を策定するため、経営層の理解を得ることが容易になります。

ご支援のイメージ

初期検討
貴社経営戦略/中計の理解
先進テクノロジ/サービスの紹介
貴社IT戦略/中計の理解 など
ビジネステーマの明確化
イノベーション、スピード、
グローバル、コスト削減 など
時期ITインフラの将来像と予想成果の策定
次期ITシステムの将来像と予想されるビジネス成果の策定(費用対効果を含む)
ITインフラ戦略の策定
クラウド戦略(ハイブリッドクラウド or プライベートクラウド など)
SaaS/PaaS/IaaSの活用方針
ネットワーク戦略
ベンダー活用方針 など
現行IT調査
現行IT(アプリケーション、インフラ環境など)の詳細調査
ロードマップの策定
戦略実現のための施策抽出と優先度決定(クラウド化ポリシー策定、クラウド適用可能性評価、データセンター方針決定、主要アプリケーションの移行方針策定 など)
クラウド実装計画、ネットワーク移行計画の策定
パートナー選定方針の策定
パートナー選定のための要件抽出と選定スケジュールの決定
最終報告会
報告書作成
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)