ITガバナンス成熟度アセスメント

貴社のIT関連業務を体系的に評価診断

現在、ITに関わるリスクやトラブルの増大から、IT組織の強化が求められています。属人的・場当たり的になりがちなIT関連業務の成熟度を体系的に評価することで、IT組織のITガバナンス/ITマネジメント能力を継続的に改善・強化していくためのサービスです。

戦略立案も強化・改善も「己」を知ることから始まる

本サービスは、IT関連業務全般を対象とした評価を行います。これには、IT内部統制においてIT部門が一意的な責任を負うIT全般統制の領域を包括的に含んでいます。

本サービスとは?

  • 求められるITマネジメントの強化

    ビジネスにおけるITへの依存度の高まり、ITに関わるリスクやトラブルの増大といった観点から、ITを適正に運営していくことの重要性は広く認識されてきています。

  • 自社の現状を客観的に把握

    ITマネジメントの強化に向けては、まず第一に自社の現状を把握する必要があります。また、現状把握後は、体系的なP-D-C-Aサイクルの実行により、ITマネジメントの成熟度をレベルアップさせていく取り組みが強く求められています。

  • ベンチマークによるポジションの確認

    統一された手法に基づいた他社の評価結果との比較により、自社のITマネジメントの強み・弱みを客観的に把握することができます。

アウトプットサンプル

レーダーチャートなどのグラフを中心に課題抽出や提言を加えて約100ページの報告書を提供します。

アウトプットサンプル
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)