ITコスト妥当性評価

市場価格に照らして優劣を可視化

貴社が支出するITコストの内訳を単価ベースの市場価格と比較評価することで、優劣を可視化するサービスです。評価結果に応じてコスト削減施策の仮説を立てることで、ベンダーとの適正な価格交渉や具体的な削減目標の立案が可能となります。

サービス市場価格の活用機会 サービス市場価格の活用機会

自社が提供するアプリケーションやインフラが適正なコストで構築・運用されているかを検証することは、IT部門の大きな課題のひとつです。それを評価するための世間相場の価格情報には、多大なニーズがあり、国内企業の多くは、市場価格を活用することで、ITコストの見直しや削減に役立てたいと考えています(図参照)。また、最近ではグループ企業向けの共通ITサービスの価格設定に利用したいと考える企業もあります。
しかし、取得・分析の難易度が高いことから、企業向けITの市場価格データは世の中にほとんど存在せず、一部のアナリスト・ファームが保有するケースはあるものの、その情報料は極めて高額なのが実情です。ITRでは本サービスをリーズナブルな費用で提供します。

本サービスとは?

  • 市場価格データに基づく評価

    ITRでは、企業ITに携わってきた長年のコンサルティング経験とリサーチファームとしての知見から、データ取得と価格算出のノウハウを備えています。有意性のある市場価格データに基づいて、貴社ITコストの妥当性を評価し、強み/弱みを指摘します。

  • ITコスト内訳の評価

    企業が支出するITコストは、単に年間支出額や売上対比を他社と比べて、妥当性を評価できるものではありません。また、他社より低いから適当、高いから不適などと一概にいえるものでもありません。妥当性を評価するには、ITコストの内訳を捉える必要があります。ITRでは、システム、サービス、人的資源などの単位に分解することでコストを評価します。

  • 単価(Unit Price)による比較

    汎用的なIT分野は、単価レベルでは企業の業種や業態に依存しないため、市場価格との比較が有効です。但し、ユーザー規模や提供機能の影響を受けて単価は変動します。ITRでは、単価(ユーザー単価、GB単価、インシデント単価など)を用いて比較評価し、必要に応じてボリュームディスカウントやサービスレベルとの対比を行います。

ご支援のイメージ

以下の流れでサービスを提供します。

①貴社ITコストを対象分野の「インタビューシート」へ記入
②ITRが保有する市場価格データと突合し、比較評価を実施
③評価結果レポートの提示と説明

アウトプットサンプル

アウトプットの概要

分 野
概 要
SE単価
約10種の職種について人月単価を比較。年次傾向、地域別トレンド、パートナー種別による差異などを合わせて提供。
人件費
企画•開発•運用に関わる人件費について、工数配分の適正を評価。また、FP、KLOCなどの生産性メトリクスも合わせて提供。(予定)
インフラ•サービス
メール/カレンダー、仮想サーバ、グループネットワークなどサービス品目別に市場価格と対比することで、貴社価格を評価。
アプリケーション•
会計、人事、販売など主要な汎用システムにおける市場価格およびセグメント情報に基づいて妥当性を評価。
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)