BCP/DR構想化

ビジネスとITを整合させたBCP

BCP/IT災害復旧計画の必要性を認識する一方で、多くの企業は「何からどう手をつけるべきか」「どの程度コストをかければよいのか」「RTO/RPO(復旧時間目標/復旧時点目標)をどう設定すべきか」といった悩みを抱えています。本サービスは、情報収集、調査・分析、計画策定の3フェーズにわたり、IT災害復旧計画の立案を支援します。

BIAに基づく対策立案

東日本大震災を経て、多くの企業は自社BCPを見直し、災害対策の強化を進めてきました。また、IT部門は、自社IT環境の特性を見据えて、データセンターのディザスタリカバリに努めてきました。しかし、ビジネス関連のBCPと、IT関連のBCPが個別に策定されることで、形骸化したり無益な支出を招いたりする例も少なくありません。経営資源の重要度に応じた対策を講じるには、BIA(ビジネス影響分析)を通じて最適なIT災害復旧計画を描く必要があります(図参照)。本サービスでは、BIAを重視し、妥当な対策レベルを設定することで、計画化を支援します。

本サービスとは?

  • BIAの実施

    想定しなければならないリスクや要求される対策レベルは、経営環境やシステム活用状況に依存し、企業ごとに異なります。復旧目標や対策の立案にあたっては独自の環境分析が不可欠です。ITRはBIAを通じてこれを支援します。

  • テンプレートの活用

    ITRが準備するテンプレート・統計調査情報等に基づいて検討や内部調査を実施することで、効率的にアウトプットを仕上げていきます。テンプレートには、脆弱性診断、BIA、効果評価に関するものなどがあります。

  • 調整・合意形成

    事業部門責任者や役員への報告会、合意形成へ向けたミーティングなどを実施し、企業方針に合致した計画立案を支援します。また、必要に応じて、技術評価、ベンダー選定、見積り精査などの支援も行います。

ご支援のイメージ

情報収集フェーズ
市場動向、業務プロセス/IT資産の把握
調査・分析フェーズ
リスクシナリオ、IT脆弱性評価、BIA
計画策定フェーズ
対策オプションの評価、IT災害復旧計画の策定

アウトプットサンプル

IT災害復旧計画書の目次例

1.背景
1-1.BCPに関する業界動向
1-2.事業継続の重要性
2.現状の課題
2-1.システムの概要
2-2.現行のIT対策レベル
2-3.被災リスクとビジネスへの影響
3.IT対策案と投資効果
3-1.対策オプション
3-2.投資効果の評価
3-3.推奨される対策
4.IT災害復旧計画
4-1.対策の実行計画
4-2.概算見積り(必要時)
5.提言

関連サービス

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)