システム化基本構想策定支援

「何でもできる」に惑わされない、基幹系業務システムにおける製品/ベンダー選定

RFPによるベンダー/選定が長期化したり、「何でもできる」が羅列された提案書の優劣をつけきれず、選定し切れないといったケースが見受けられます。それを避けるためには、「何をどうシステム化するか」の構想案を事前に明確にしたうえで、ベンダーの提案を客観的な視点で評価することが何より重要です。業務およびシステムの可視化から選定に至る一連のサービスを提供します。「現状業務およびシステムの可視化」「システム化基本構想の策定」「RFPによる製品/ベンダー選定」それぞれ単独でも利用いただけます。

ご支援の全体像

本サービスとは?

  • 現状業務およびシステムの可視化

    エンド・ツー・エンドの業務およびシステムの流れを、特殊な技術や記述方法ではなく、誰が見ても理解できるドキュメントで可視化することで、ギャップやトレードオフの課題を洗い出します。

  • システム化基本構想の策定

    特定された課題を、どのように解決すべきかの仮説を設定しつつ、あるべきシステム化の構想を複数案で検討しながら、システム化対象範囲(スコープ)を明確化できる論理的思考の枠組みを提供します。

  • RFPによる製品/ベンダー選定

    システム化基本構想の成果物は、そのままRFPで利用できます。数多くの実績とノウハウを持つアナリストが、RFP作成からベンダーの提案の評価/選定までを短期間で完了できるよう支援します。

ご支援のイメージ

KickOff
プロジェクトの進め方/ゴールの確認
貴社状況(これまでの経緯)についてのご紹介
WS(ワードストリーム)による可視化手法の説明
可視化フェーズ
WS図初版から最終版の作成
課題洗い出しの討議
エンド・ツー・エンドの業務/システム全体像の共有
構想化フェーズ前半
次期ITシステムの将来像と予想されるビジネス成果の策定(費用対効果を含む)
ITインフラ戦略の策定
課題リストの作成
課題とWS最終版の紐付け
課題の優先順位付け
構想化フェーズ後半
課題解決のシステム切り出し案作成
システム構成複数案の作成
主要パッケージ製品のブリーフィング
選定フェーズ
RFPの作成
提案会の実施
評価項目および評価基準案の作成
最終報告会
選定結果のご報告
導入の進め方/体制に関するアドバイス

アウトプットサンプル

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)