企業アジャイル開発推進支援

プロジェクト成功率を飛躍的に向上させるITR独自のアジャイル開発方法論

企業システム構築における根本課題を分析し、アジャイル開発やDevOpsによって獲得できる成果を明らかにするサービスです。個々の企業によって異なるアジャイル開発導入のための要件(組織、予算化手法、パートナー戦略など)を、貴社の現状を十分に考慮したうえで定義します。

個々の企業に適したアジャイル開発プロセスの設計 個々の企業に適したアジャイル開発プロセスの設計

アジャイル開発プロセスの成功のためには、上記要素について自社開発方法論を確立することが重要です。ITRでは、上記要素全てに関するご支援が可能です。

本サービスとは?

  • 自社特有の開発プロセス策定支援

    アジャイル開発プロセスの成功のためには、自社IT部門の体制、保有スキル、パートナー戦略などの現在環境や制約を考慮したうえで、自社特有の開発方法論を開発することが極めて重要です。ITRでは、プロジェクト管理手法、開発テクニック、ドキュメント方針など多種多様な要素に対してのご支援が可能です。

  • ITツールによる標準化、効率化

    アジャイル開発を精神論だけで推進するのでは、効率は上がりません。アジャイル開発に適した種々のITツールの活用方針を併せて策定します。

  • ユーザー企業で実証済みの方法論

    ITRアナリストが自ら考案し、ユーザー企業の基幹システムにおいて実行した方法論であるため、机上の空論ではなく、実行可能なアジャイル開発プロセスを短期で定義します。

ご支援のイメージ

初期検討
プロジェクト目的・方針の確認
IT環境の概要確認
本件に関連する並行推進プロジェクトの確認
本プロジェクトの概略スコープの確認
現状調査
現行開発体制の調査
IT部員の役割の確認
現状の課題分析
現行システム構築プロセス/体制の課題分析
アジャイル開発プロセスの基本設計
貴社に適したアジャイル開発プロセスの基本設計
(検討範囲は多岐に渡る)
アジャイル開発推進体制の検討
SIベンダーとの協力体制の検討
貴社に適したSIベンダーとの契約形態の検討
SIベンダー選定要件の策定
アジャイル開発プロセスの効果算定
アジャイル開発プロセス導入後の効果算定
定性的効果が中心ですが、定量的効果も検討
最終報告会
報告書のご提出
最終報告会の開催
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)