Pocket

国内金融IT市場動向調査2017

同レポートは、金融業におけるIT投資動向「IT投資動向調査編」と主要なITサービス分野の市場シェアをまとめた「ベンダー市場調査編」からなり、前者は国内企業を対象に実施した「IT投資動向調査2017」から金融業での調査結果を、後者は44の製品・サービス分野を対象とし主にベンダーへのヒヤリング調査などからITRが推計した金融業における市場規模推移とベンダーシェアを掲載しています。本レポートのハイライトは以下の通りです。

  • ■2016年度の金融業IT予算比率は6.1%。業種別では「銀行」が7.4%

    金融業における2016年度の売上高に対するIT予算比率は、金融全体平均では6.1%となりました。金融業種別では、「銀行」(7.4%)が最も高く、次いで「証券」(7.2%)といずれも7%台の高水準となり、これら2業種が金融全体平均を押し上げています。改めて、「銀行」の積極的なIT投資が明らかになったといえます。

    <参考資料1> 金融業種別に見るIT予算比率(2016年度、金融業) <参考資料1> 金融業種別に見るIT予算比率(2016年度、金融業)
  • ■3割強が2017年度のIT予算の増加を予想

    2016年度(2016年4月~2017年3月)のIT予算は、前年度から「横ばい」とする企業の割合は59.0%最も多く、全体の約6割となりました。「増額」とした金融業の割合が3割弱となる一方、「減額」とした企業の割合は1割にとどまりました。

    2017年度(2017年4月~2018年3月)予想では、2016年度に引き続き「横ばい」とする割合が最も多くなりましたが、その割合は約3ポイント減少しました。一方、IT予算を増加すると予想した割合は全体の3割強となり、「10%~20%未満の増加」(10.4%)と「10%未満の増加」(18.3%)を予想する企業の割合が高くなり、2016年度同様に増加が減少(13.2%)を大きく上回りました。減少を予想する企業の割合(13.2%)は2016年度よりも高くなったものの、「20%以上の減少」(0.4%)は1.2ポイント低くなっています。


    <参考資料2> 2017年度のIT予算の増減予想(2016~2017年度予想、金融業) <参考資料2> 2017年度のIT予算の増減予想(2016~2017年度予想、金融業)
  • ■2017年度に向けて金融業が最重要視するIT課題は「IT基盤の統合・再構築」

    全20項目の主要なIT動向を取り上げ、金融業においてその重要度を尋ねた結果では、「IT基盤の統合・再構築」が81.3%と唯一80%を超えるポイントで最上位となりました。「マイナンバー制度への対応」は、現在の実施率が最も高く、3年後の実施率予想は2番目となります。さらに、重要度指数でも4番目と高い順位になっていることから、制度対応として喫緊の取り組みが必要であることがうかがえます。


    <参考資料3> 主要なIT動向の重要度指数と現在および2019年度の実施率(金融業) <参考資料3> 主要なIT動向の重要度指数と現在および2019年度の実施率(金融業)

目 次

第1章 調査概要

  1. 1.1 IT投資動向調査の概要
    1. 1.1.1  調査の概要
    2. 1.1.2  回答者プロファイル(金融業)
    3. 1.1.3  回答者の所属部門と役職(金融業)
  2. 1.2 ベンダー市場調査の概要
    1. 1.2.1  ベンダー調査の概要
  3. 1.3 データ利用上の注意
  4. 1.4 年度解説

第2章 IT投資動向調査編

  1. 2.1 IT投資の方向性
    1. 2.1.1  企業におけるIT予算比率およびIT予算額
    2. 2.1.2  IT予算の増減傾向
    3. 2.1.3  IT新規投資
    4. 2.1.4  新規投資における目的別の内訳比率
    5. 2.1.5  リスク対策の動向
    6. 2.1.6 ITRの所見と分析
  2. 2.2 IT戦略と注目すべきIT動向
    1. 2.2.1  2017年度のIT戦略上の重要課題
    2. 2.2.2  主要なIT動向に対する重要度と実施状況
    3. 2.2.3  金融業種別に見るIT動向に対する実施状況
    4. 2.2.4 ITRの所見と分析
  3. 2.3 製品・サービスへの投資動向
    1. 2.3.1  製品・サービス分野への投資意欲
    2. 2.3.2  インフラ/デバイス分野への投資意欲
    3. 2.3.3  OS/ミドルウェア分野への投資意欲
    4. 2.3.4  アプリケーション分野への投資意欲
    5. 2.3.5  セキュリティ/サービス分野への投資意欲
    6. 2.3.6  ITRの所見と分析

第3章 ベンダー市場調査編

  1. 3.1 インフラ分野での市場調査結果
    1. 3.1.1  対象市場の定義および調査時期
    2. 3.1.2  PaaS/IaaS市場
    3. 3.1.3  DaaS市場
  2. 3.2 ミドルウェア分野の市場調査結果
    1. 3.2.1  対象市場の定義および調査時期
    2. 3.2.2  API管理市場
    3. 3.2.3  ESB市場
    4. 3.2.4  BRMS市場
    5. 3.2.5  RDBMS市場
    6. 3.2.6  DBMSアプライアンス市場
    7. 3.2.7  Hadoopディストリビューション市場
    8. 3.2.8  データ・マイニング市場
    9. 3.2.9  テキスト・マイニング市場
    10. 3.2.10 運用管理市場
    11. 3.2.11 エンタープライズ・モバイル管理市場
    12. 3.2.12 セキュア・ゲートウェイ/ブラウザ市場
    13. 3.2.13 モバイルコンテンツ管理市場
    14. 3.2.14 リモートコントロール市場
  3. 3.3 アプリケーション分野の市場調査結果
    1. 3.3.1  対象市場の定義および調査時期
    2. 3.3.2  ERP市場
    3. 3.3.3  統合型マーケティング市場
    4. 3.3.4  データ分析/レポーティング市場
    5. 3.3.5  DWH用DBMS市場
    6. 3.3.6  CMS市場
    7. 3.3.7  ソーシャルメディア解析市場
  4. 3.4 セキュリティ分野の市場調査結果
    1. 3.4.1  対象市場の定義および調査時期
    2. 3.4.2  Webゲートウェイ・セキュリティ市場
    3. 3.4.3  サンドボックス型ゲートウェイ・セキュリティ市場
    4. 3.4.4  ファイアウォール/UTM市場
    5. 3.4.5  WAF市場
    6. 3.4.6  DDoS対策市場
    7. 3.4.7  Web改ざん検知市場
    8. 3.4.8  IDS/IPS市場
    9. 3.4.9  EDR市場
    10. 3.4.10 URLフィルタリング市場
    11. 3.4.11 メール誤送信防止市場
    12. 3.4.12 統合ログ管理市場
    13. 3.4.13 SIEM市場
    14. 3.4.14 操作画面監視市場
    15. 3.4.15 IDA/IAM市場
    16. 3.4.16 SSO市場
    17. 3.4.17 フェデレーション市場
    18. 3.4.18 特権ID管理市場
    19. 3.4.19 ディスク暗号化市場
    20. 3.4.20 IRM市場
    21. 3.4.21 データベース監査・保護市場
    22. 3.4.22 データベース暗号化市場
    23. 3.4.23 ネットワーク・フォレンジクス市場
    24. 3.4.24 脆弱性診断市場

調査票【IT投資動向調査】

商品概要

レポート名
国内金融IT市場動向調査2017
発行年月
2017年5月18日
提供形態
CD-ROM版/PDFファイル(A4サイズ)
ページ数
215ページ
掲載データ
【IT投資動向調査編】
・IT予算比率と予算額の増減
・戦略投資比率とIT投資の目的
・IT戦略と注目すべきIT動向
・製品/サービス110項目(IoT/M2M、AI/機械学習、Hadoop/Spark、プライベート・クラウド、ネットワーク仮想化/SDN、マーケティング・オートメーション、ウイルス対策、標的型攻撃対策など)の投資動向

【ベンダー市場調査編】
対象44製品・サービス分野について
・調査対象製品・サービス一覧
・市場規模実績(2014~2015年度)および予測(2016年度)
・マーケットシェア(2014~2016年度予測):ベンダー別
(一部市場は2013~2014年度実績および2015年度予測)
販売価格
248,000円(税別)
調査実施主体
株式会社アイ・ティ・アール
調査時期
【IT投資動向調査編】2016年8月~2016年9月

【ベンダー市場調査編】2015年12月~2016年11月
調査対象
【IT投資動向調査編】
・ITR顧客企業およびITR保有の独自Webパネルのうち、国内企業に所属し、IT戦略・IT投資の意思決定に関与する役職者
・有効回答数 2,685件うち金融業251件

【ベンダー市場調査編】
<インフラ分野>
PaaS/IaaS市場*、DaaS市場*
<ミドルウェア分野>
API管理市場、ESB市場、BRMS市場、RDBMS市場*、DBMSアプライアンス市場*、Hadoopディストリビューション市場*、データ・マイニング市場*、テキスト・マイニング市場*、運用管理市場、エンタープライズ・モバイル管理市場、セキュア・ゲートウェイ/ブラウザ市場、モバイルコンテンツ管理市場、リモートコントロール市場
<アプリケーション分野>
ERP市場*、統合型マーケティング支援市場*、データ分析/レポーティング市場*、DWH用DBMS市場*、CMS市場*、ソーシャルメディア解析市場*
<セキュリティ分野>
Webゲートウェイ・セキュリティ市場、サンドボックス型ゲートウェイ・セキュリティ市場、ファイアウォール/UTM市場、WAF市場、DDoS対策市場、Web改ざん検知市場、IDS/IPS市場、EDR市場、URLフィルタリング市場、メール誤送信防止市場、統合ログ管理市場、SIEM市場、操作画面監視市場、IDA/IAMパッケージ市場、SSO市場、フェデレーション市場、特権ID管理市場、ディスク暗号化市場、IRM市場、データベース監査・保護市場、データベース暗号化市場、ネットワーク・フォレンジクス市場、脆弱性診断市場
(*2013~2014年度実績および2015年度予測)
ご購入はこちら

ITR 著作物の引用について

ITRが発刊するレポートに記載されている データおよびコメントを、広告、宣伝、販売資料、メディア掲載記事や、その他商業目的で利用・引用される場合は、該当レポートのご購入が前提となります。
また、事前の書面による申請が必要となります。詳細および申請については、著作権の引用についてをご覧ください。

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)