Pocket

アイ・ティ・アール注目トレンド2017

本レポートは、大企業が注目すべき2017年のIT戦略テーマを、リサーチ&コンサルティングで得られた専門アナリストの知見や見解をもとに選定し、各アナリストが書き起こしたレポートを取りまとめ発刊したものです。

ハイライト

  • ビジネスにおけるIoTやAIの活用が進み、デジタルイノベーションの必要性が声高に叫ばれるなか、近未来のビジネスをいかにデザインするかが、多くの企業で重要な経営課題になりつつあります。従来の常識が通用しない競争環境の中で、ビジネスとITの融合を認識し、新たな未来像を描くことを企業は求められています。こうした背景から、2017年においては、「未来ビジネスの創生」を企業が着目すべきメインテーマに据え置きました。これを、「ビジネス変革の加速」と「ビジネス基盤の高度化」が下支えする全体構成とし、各々に注目すべきIT戦略テーマを配置しました(図1)


    図.2017年に注目すべきIT戦略テーマ 図.2017年に注目すべきIT戦略テーマ

目 次

序章

  1. 2017年における注目トレンドと予測

第1章 未来ビジネスの創生

  1. デザイン思考によるデジタルイノベーション創出
    1. システム設計における従来手法の問題点と「システム思考」の価値
    2. 多種多様なデザイン思考推進手法
    3. デザイン思考を採用したGE社
    4. 提言
  2. デジタル知的財産の収益化戦略の推進
    1. セルサイドへのIT/デジタルの浸透
    2. 課題となる収益化戦略
    3. デジタルカンパニーのコアコンピタンス
    4. デジタル知的財産の管理
    5. 提言
  3. デジタルエコシステムの実現を目指す共創戦略の構築
    1. 多様なデジタルビジネス・プレーヤーの台頭
    2. プラットフォーム戦略とプラットフォーマー
    3. カテゴリー・プラットフォーマーの出現
    4. 共創戦略の必要性
    5. 提言

第2章 ビジネス変革の加速

  1. アイデアライゼーションによるビジネスとITの同期化
    1. これからのプランニングで再考すべき重要な論点
    2. なぜあるべき姿を描くのが難しいのか
    3. 理想設計アプローチの特徴
    4. 提言
  2. ITの経営貢献度の客観的評価と情報発信
    1. 「攻めのIT経営銘柄」とは
    2. 選定企業
    3. 選定プロセス
    4. 見直し点と新しい取り組み
    5. 提言
  3. 働き方変革に対応するための次世代型ワークプレースの構想化
    1. ワークプレース整備の重要性
    2. 確実に訪れる本格的テレワーク時代
    3. デジタルワークプレースの構成要素
    4. 段階的なツール整備
    5. 提言
  4. エモーショナルマーケティングを見据えた体制とシステムの整備
    1. デジタルマーケティング
    2. IoTとイベントドリブン型システム
    3. 人工知能がもたらすエモーションドリブン型への進化
    4. 市場動向から見た取り組みの進展
    5. 提言

第3章 ビジネス基盤の高度化

  1. データを経営資源とするための管理基盤の構築
    1. 重要となるデータ
    2. 十分ではないデータに対する管理レベル
    3. 利用が拡大するビッグデータ
    4. データを資産とする管理基盤の構築
    5. 提言
  2. サステナブルな企業IT基盤と開発プロセスの確立
    1. 企業ITの現状
    2. これまでのITシステム・アーキテクチャの問題
    3. マイクロサービスとは何か
    4. マイクロサービスの価値
    5. マイクロサービスの活用指針
    6. 提言
  3. サイバーセキュリティ経営に向けた体制の確立
    1. サイバーセキュリティ経営ガイドラインへの適応
    2. サイバーセキュリティ経営ガイドラインの重要10項目
    3. セキュリティ人材の不足課題
    4. 提言
  4. ソフトウェアライセンス最適化による契約交渉力の強化
    1. ソフトウェア資産管理とは
    2. ソフトウェアライセンス監査の増加
    3. ソフトウェアライセンス最適化
    4. 企業の包括契約統合の推進
    5. 提言

商品概要

レポート名
アイ・ティ・アール注目トレンド2017
発行年月
2016年12月1日
提供形態
CD-ROM版/PDFファイル(A4サイズ)
ページ数
64ページ
販売価格
30,000円(税別)

→早期購入価格9,000円(税別)

ご購入はこちら

ITR 著作物の引用について

ITRが発刊するレポートに記載されている データおよびコメントを、広告、宣伝、販売資料、メディア掲載記事や、その他商業目的で利用・引用される場合は、該当レポートのご購入が前提となります。
また、事前の書面による申請が必要となります。詳細および申請については、著作権の引用についてをご覧ください。

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)