Pocket

ITR Market View:内部漏洩対策型SOCサービス市場2018

本レポートには、マネージドEDRサービス、振る舞い検知サービス、フォレンジックサービス、セキュリティログ監視・分析サービスなど全8分野を対象に、国内28ベンダーへの調査に基づいた2016~2017年度売上げ実績および2022年度までの売上げ予測を掲載しています。本レポートの主なトピックは以下の通りです。

「特別付録:サイバー・セキュリティサービス市場動向2018」を同梱した「ITR Market View:内部漏洩対策型SOCサービス市場2018」「ITR Market View:外部攻撃対策型SOCサービス市場2018」「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2018」の3冊セットも予約販売しております。

調査ハイライト

  • 国内マネージドEDRサービス市場の2017年度の売上金額は3.5億円、前年度比2.5倍となりました。近年、新たなエンドポイントセキュリティソリューションとして、EDR(Endpoint Detection and Response)が注目されています。しかし、企業はEDRを導入しても適切に運用できなければ、マルウェア感染後の事後対応を迅速に行うことができない恐れがあります。そこで、セキュリティサービスベンダーが企業ネットワークに接続しているPCなどの端末にEDRエージェントをインストールし、SOC(Security Operation Center)で監視・分析を行い、マルウェアの検知や端末の隔離などの調査および迅速な対応支援を行う、マネージドEDRサービス市場が立ち上がりました。今後、EDRの定着とともに参入ベンダーの増加が予想され、同市場のCAGR(2017~2022年度)は70.2%と急速に成長すると予測しています。

    図.マネージドEDRサービス市場規模推移および予測 図.マネージドEDRサービス市場規模推移および予測

    ITRのアソシエート・リサーチ・フェローである藤 俊満は、「クラウドを用いてエンドポイントの不審な動きをリアルタイムに検知し、インシデントに対して早期の対応を可能とする新たなエンドポイントセキュリティとしてEDRの導入が進んでいます。しかし、EDRソリューションは、的確な運用を行わなければ機能を最大限活かすことができません。国内では、大企業であってもセキュリティに対するリソース不足が続いており、自社でEDRを運用することは非常に負荷の高い作業となります。このため、セキュリティサービスベンダーが提供するマネージドEDRサービスを利用して、EDRの運用負荷軽減とEDRの機能を最大限活用する企業が今後さらに増えていくでしょう」とコメントしています。

目 次

第1章 調査レポート概要

  1. 1-1 調査概要
  2. 1-2 市場の定義
    1. 1-2-1 対象市場
    2. 1-2-2 用語解説
    3. 1-2-3 年度解説
    4. 1-2-4 データ利用上の注意
  3. 1-3 エグゼクティブ・サマリ

第2章 国内内部漏洩対策型SOCサービス市場動向

  1. 2-1 内部漏洩対策型SOCサービス市場
    1. 2-1-1 ベンダー一覧
    2. 2-1-2 サービス分野別市場シェア
    3. 2-1-3 市場規模およびベンダーシェア
    4. 2-1-4 業種別市場シェア
    5. 2-1-5 従業員規模別市場シェア
  2. 2-2 調査結果総括

第3章 国内データベース運用監視サービス市場動向

  1. 3-1 データベース運用監視サービス市場
    1. 3-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 3-1-2 業種別市場シェア
    3. 3-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 3-2 調査結果総括

第4章 国内ID運用監視サービス市場動向

  1. 4-1 ID運用監視サービス市場
    1. 4-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 4-1-2 業種別市場シェア
    3. 4-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 4-2 調査結果総括

第5章 国内DLP運用監視サービス市場動向

  1. 5-1 DLP運用監視サービス市場
    1. 5-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 5-1-2 業種別市場シェア
    3. 5-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 5-2 調査結果総括

第6章 国内セキュリティログ監視・分析サービス市場動向

  1. 6-1 セキュリティログ監視・分析サービス市場
    1. 6-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 6-1-2 業種別市場シェア
    3. 6-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 6-2 調査結果総括

第7章 国内フォレンジックサービス市場動向

  1. 7-1 フォレンジックサービス市場
    1. 7-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 7-1-2 業種別市場シェア
    3. 7-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 7-2 調査結果総括

第8章 国内モバイルセキュリティ運用監視サービス市場動向

  1. 8-1 モバイルセキュリティ運用監視サービス市場
    1. 8-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 8-1-2 業種別市場シェア
    3. 8-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 8-2 調査結果総括

第9章 国内振る舞い検知サービス市場動向

  1. 9-1 振る舞い検知サービス市場
    1. 9-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 9-1-2 業種別市場シェア
    3. 9-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 9-2 調査結果総括

第10章 国内マネージドEDRサービス市場動向

  1. 10-1 マネージドEDRサービス市場
    1. 10-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 10-1-2 業種別市場シェア
    3. 10-1-3 従業員規模別市場シェア
  2. 10-2 調査結果総括

第11章 市場予測

  1. 11-1 市場予測の前提条件
  2. 11-2 市場予測(~2022年度)
    1. 11-2-1 内部漏洩対策型SOCサービス市場予測

第12章 ベンダー・プロファイル

  1. 12-1 ベンダー・プロファイルの見方
  2. 12-2 NECネッツエスアイ株式会社
  3. 12-3 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
  4. 12-4 NTTセキュリティ株式会社
  5. 12-5 SecureWorks Japan株式会社
  6. 12-6 TIS株式会社
  7. 12-7 株式会社アズジェント
  8. 12-8 株式会社インターネットイニシアティブ
  9. 12-9 株式会社インテック
  10. 12-10 株式会社インフォセック
  11. 12-11 エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
  12. 12-12 京セラコミュニケーションシステム株式会社
  13. 12-13 グローバルセキュリティエキスパート株式会社
  14. 12-14 株式会社神戸デジタル・ラボ
  15. 12-15 株式会社シーイーシー
  16. 12-16 株式会社シマンテック
  17. 12-17 株式会社ディアイティ
  18. 12-18 日本アイ・ビー・エム株式会社
  19. 12-19 日本電気株式会社
  20. 12-20 ネットワンシステムズ株式会社
  21. 12-21 株式会社日立システムズ
  22. 12-22 株式会社日立ソリュ-ションズ
  23. 12-23 富士通株式会社
  24. 12-24 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
  25. 12-25 株式会社ブロードバンドセキュリティ
  26. 12-26 ベライゾンジャパン合同会社
  27. 12-27 マカフィー株式会社
  28. 12-28 三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社
  29. 12-29 株式会社ラック

商品概要

レポート名
ITR Market View:内部漏洩対策型SOCサービス市場2018
発行年月
2018年6月
調査時期
2018年2月~2018年5月
提供方法
ダウンロード/PDFファイル(A4サイズ)
ページ数
329ページ
販売価格
248,000円(税別)
調査対象分野
  • データベース運用監視サービス/対象ベンダー数11社
  • ID運用監視サービス/17社
  • DLP運用監視サービス/12社
  • セキュリティログ監視・分析サービス/26社
  • フォレンジックサービス/24社
  • モバイルセキュリティ運用監視サービス/16社
  • 振る舞い検知サービス/26社
  • マネージドEDRサービス/16社
掲載データ
  • 市場規模実績(2016〜2017年度)および予測(2018〜2022年度)
  • マーケットシェア(2016~2018年度予測):ベンダー別、業種別、従業員規模別
  • 市場分析
  • ベンダー各社(28社)のプロファイル:【調査項目】サービス別売上金額/サービス別売上比率(チャネル別、業種別、従業員規模別)/戦略/主要ユーザー企業 など、詳細データ
ご購入はこちら

ITR 著作物の引用について

ITRが発刊するレポートに記載されている データおよびコメントを、広告、宣伝、販売資料、メディア掲載記事や、その他商業目的で利用・引用される場合は、該当レポートのご購入が前提となります。
また、事前の書面による申請が必要となります。詳細および申請については、著作権の引用についてをご覧ください。

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)