Pocket

ITR Market View:運用管理市場2014

本レポートは、システム運用管理分野とITサービス管理分野にわたる18の製品分野を対象に、国内51社のベンダーへの調査を基に市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。

  • 運用管理市場全体の2013年度の売上金額は約1,777億円、前年度比7.2%増に。2014年度は同6.6%増を予測
  • SaaS型運用管理市場の2013年度の売上金額は7億円、前年度比32.1%増と大幅な伸び
  • 製品分野別では、2014年4月の「Windows XP」のサポート終了によるPCの買い替えが進んだ影響により、2013年度のIT資産管理、構成/変更管理、PC資産管理の各製品市場は二桁増の成長
  • 仮想化およびクラウドの普及に伴い、仮想化構築とクラウド管理が2013年度も二桁増の伸びを維持

調査ハイライト

  • 国内クラウド管理市場は2013年度16.8%増、2014年度も14.3%増の高成長を予測

    近年、注目度が高まっているのがクラウド管理製品で、同製品は仮想環境あるいは大規模物理サーバによるクラウド/グリッド・コンピューティングの運用を行う管理ツールであり、プロビジョニング、自動構成管理、RBA(ランブック・オートメーション)などの機能を備えています。仮想化/クラウド技術を介在することによって増大傾向にある運用負荷を軽減させる目的で、クラウド管理製品の採用が急速に進んでおり、国内クラウド管理市場の2013年度の売上金額は約140億円、前年度比16.8%増と大きな伸びとなりました。

    また、プライベートクラウドとパブリッククラウドの連携や基幹系システムのクラウド基盤への適用が徐々に進みつつあり、ハイブリッドクラウド環境の一元管理へのニーズの高まりが市場の伸びを牽引しています。2014年度は、売上金額約160億円、前年度比14.3%増と引き続き堅調な伸びを見込んでいます。2013年度から2018年度までのクラウド管理市場の年平均成長率(CAGR)は、運用管理市場の18分野のなかで最も高い12.7%を予測しています。

    図.クラウド管理市場規模推移および予測 図.クラウド管理市場規模推移および予測

目 次

第1章 調査レポート概要

  • 1-1 調査概要
  • 1-2 市場の定義
    1. 1-2-1 対象市場
    2. 1-2-2 用語解説
  • 1-3 エグゼクティブ・サマリ

第2章 国内運用管理市場動向

  • 2-1 運用管理市場
    1. 2-1-1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 2-1-2 業種別市場シェア
    3. 2-1-3 売上規模別市場シェア
    4. 2-1-4 製品分野別市場シェア
    5. 2-1-5 分野別市場シェア
      1. 2-1-5-1 分野別市場シェア
      2. 2-1-5-2 システム運用管理
      3. 2-1-5-3 ITサービス管理
    6. 2-1-6 SaaS型運用管理市場シェア
  • 2-2 調査結果総括

第3章 製品分野別市場動向

  • 3-1 製品分野別市場規模推移およびベンダーシェア
    1. 3-1-1 イベント管理市場
    2. 3-1-2 ネットワーク管理市場
    3. 3-1-3 サーバ管理市場
    4. 3-1-4 DBMS管理市場
    5. 3-1-5 アプリケーション管理市場
    6. 3-1-6 ジョブ管理市場
    7. 3-1-7 ストレージ管理市場
    8. 3-1-8 バックアップ/リカバリ市場
      1. 3-1-8-1 バックアップ/リカバリ市場
      2. 3-1-8-2 データ・バックアップ市場
      3. 3-1-8-3 システム・バックアップ市場
      4. 3-1-8-4 CDP市場
      5. 3-1-8-5 バックアップ・アプライアンス市場
    9. 3-1-9 HAクラスタ市場
    10. 3-1-10 仮想化構築市場
    11. 3-1-11 クラウド管理市場
    12. 3-1-12 サービスデスク/インシデント管理市場
    13. 3-1-13 IT資産管理市場
    14. 3-1-14 変更/構成管理市場
    15. 3-1-15 PC資産管理市場
    16. 3-1-16 エンドユーザー体験管理市場
    17. 3-1-17 SLM/BSM市場
    18. 3-1-18 キャパシティ計画市場
  • 3-2 製品分野別市場分析
    1. 3-2-1 システム運用管理分野
    2. 3-2-2 ITサービス管理分野

第4章 市場予測

  • 4-1 市場予測の前提条件
  • 4-2 製品分野別運用管理市場予測(〜2018年度)

第5章 ベンダー・プロファイル

  • 5-1 ベンダー・プロファイルの見方
  • 5-2 BMCソフトウェア株式会社
  • 5-3 EMCジャパン株式会社
  • 5-4 Ipswitch Japan株式会社
  • 5-5 SCSK株式会社
  • 5-6 ServiceNow Japan株式会社
  • 5-7 株式会社アイ・アイ・エム
  • 5-8 アイビーシー株式会社
  • 5-9 株式会社アクアシステムズ
  • 5-10 アクロニス・ジャパン株式会社
  • 5-11 株式会社インサイトテクノロジー
  • 5-12 株式会社インターコム
  • 5-13 ヴイエムウェア株式会社
  • 5-14 エムオーテックス株式会社
  • 5-15 クオリティソフト株式会社
  • 5-16 サイオステクノロジー株式会社
  • 5-17 株式会社サイタスマネジメント
  • 5-18 シーティーシー・エスピー株式会社
  • 5-19 シーティーシー・テクノロジー株式会社
  • 5-20 シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
  • 5-21 株式会社シマンテック
  • 5-22 ジュピターテクノロジー株式会社
  • 5-23 ストレージクラフトジャパン株式会社
  • 5-24 住友電工システムソリューション株式会社
  • 5-25 セイ・テクノロジーズ株式会社
  • 5-26 ダイキン工業株式会社
  • 5-27 デル・ソフトウェア株式会社
  • 5-28 東芝ソリューション株式会社
  • 5-29 日本CA株式会社
  • 5-30 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 5-31 日本エクセム株式会社
  • 5-32 日本オラクル株式会社
  • 5-33 日本クアンタム ストレージ株式会社
  • 5-34 日本コンピュウェア株式会社
  • 5-35 日本電気株式会社
  • 5-36 日本ヒューレット・パッカード株式会社
  • 5-37 日本マイクロソフト株式会社
  • 5-38 ネットアイキュー株式会社
  • 5-39 ノベル株式会社
  • 5-40 株式会社野村総合研究所
  • 5-41 バラクーダネットワークスジャパン株式会社
  • 5-42 パラレルス株式会社
  • 5-43 株式会社ハンモック
  • 5-44 株式会社ビーエスピー
  • 5-45 株式会社日立システムズ
  • 5-46 株式会社日立製作所
  • 5-47 ファルコンストア・ジャパン株式会社
  • 5-48 富士通株式会社
  • 5-49 フレクセラ・ソフトウェア合同会社
  • 5-50 ミラクル・リナックス株式会社
  • 5-51 ユニアデックス株式会社
  • 5-52 株式会社ロジックベイン

商品概要

レポート名
ITR Market View:運用管理市場2014
発行年月
2014年8月19日
調査時期
2014年6月〜2014年8月
提供形態
CD-ROM版/PDFファイル(A4サイズ)
ページ数
407ページ
販売価格
190,000円(税別)
調査対象分野
    <システム運用管理分野>
  • イベント管理市場
  • ネットワーク管理市場
  • サーバ管理市場
  • DBMS管理市場
  • アプリケーション管理市場
  • ジョブ管理市場
  • ストレージ管理市場
  • バックアップ/リカバリ市場(データ・バックアップ/システム・バックアップ/CDP/アプライアンス)
  • HAクラスタ市場
  • 仮想化構築市場
  • クラウド管理市場

    <ITサービス管理分野>
  • サービスデスク/インシデント管理市場
  • IT資産管理市場
  • 変更/構成管理市場
  • PC資産管理市場
  • エンドユーザー体験管理市場
  • SLM/BSM市場
  • キャパシティ計画市場
掲載データ
  • 市場規模実績(2012〜2013年度)および予測(2014〜2018年度)
  • マーケットシェア(2012〜2014年度予測):ベンダー別、業種別、バックアップ/リカバリ製品分野別シェア(対象市場のみ)
  • 市場分析
  • ベンダー各社のプロファイル:
    【調査項目】会社概要、製品・サービス情報、当該分野売上高、売上金額・社数推移、主要パートナー、チャネル別シェア、業種別シェア、ユーザー企業売上規模別シェア、製品分野別シェア、バックアップ/リカバリ製品分野別シェア✻、最近の主要ユーザー企業、当該分野の人員構成、ベンダー動向(販売戦略、製品・サービス戦略)(✻対象市場のみ)
ご購入はこちら

ITR 著作物の引用について

ITRが発刊するレポートに記載されている データおよびコメントを、広告、宣伝、販売資料、メディア掲載記事や、その他商業目的で利用・引用される場合は、該当レポートのご購入が前提となります。
また、事前の書面による申請が必要となります。詳細および申請については、著作権の引用についてをご覧ください。

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)