Pocket

ITR Cross View:メール送信市場の実態と展望2018

本レポートは、メール送信製品・サービス市場を対象に、企業における導入状況や投資計画、製品・サービスの満足度、選定時の重視要素などを掲載しています。本レポートの主なトピックは以下の通りです。

調査ハイライト

  • ■リプレースを予定・検討している企業は約4割

    今回の調査は、従業員数50人以上で、マーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業、もしくはEコマース・サイトを運営している国内企業においてそれらの製品・サービス導入に関与する人を対象に調査を行いました。現在、メール送信製品・サービスを導入している企業において、リプレースを予定または検討している企業は約4割となりました(図1)。なかでも、2018年度または2019年度にリプレースを予定している企業は約2割にのぼることがわかりました。


    図1.メール送信製品・サービスのリプレース予定の有無とその時期 図1.メール送信製品・サービスのリプレース予定の有無とその時期
  • ■リプレースの理由は「セキュリティが不安」が最多

    メール送信製品・サービスのリプレースを予定または検討している企業にその理由を問うたところ、「セキュリティが不安」が22.6%で最も多く、ついで「運用コストが高い」が18.0%で続いています(図2)。近年多発するセキュリティ・インシデントから、企業においてセキュリティ意識が高まっていることが伺えます。


    図2.メール送信製品・サービスのリプレースを予定または検討する理由 図2.メール送信製品・サービスのリプレースを予定または検討する理由

掲載データ

– ユーザー調査

  • 調査対象の商用製品・サービスベンダー:
    1. アララ
    2. エイジア
    3. 構造計画研究所
    4. サパナ
    5. シナジーマーケティング
    6. チーターデジタル
    7. トランスコスモス
    8. パイプドビッツ
    9. 富士ゼロックス
    10. ブレインメール
    11. ベンチマーク
    12. ユミルリンク
    13. ラクス
    14. その他、オープンソース製品など
  • 現在および今後利用したい製品・サービス(業種別、従業員規模別)
  • 製品・サービス選定時の重視ポイント(業種別、従業員規模別)
  • 製品・サービスのリプレース予定時期(業種別、従業員規模別)
  • 製品・サービスのリプレースを予定または検討する理由(業種別、従業員規模別、主要製品・サービス別)
  • 今後の投資予算(業種別、従業員規模別)
  • 製品・サービスに対する満足度(業種別、従業員規模別、主要製品・サービス別)
  • 機能別活用状況(業種別、従業員規模別)
  • 用途別活用状況(業種別、従業員規模別)
  • 市場規模推移(2015~2017年度予測)
  • ベンダー別マーケットシェア(2015~2017年度予測)
  • ITR DatumiX(ベンダー・ポジショニング)

– ベンダー調査

  • 市場規模推移(2015~2017年度予測)
  • ベンダー別マーケットシェア(2015~2017年度予測)

– ITR DatumiX(ベンダー・ポジショニング)

目 次

第1章 調査概要

  1. 1.1 はじめに
  2. 1.2 市場の定義
    1. 1.2.1 対象市場の定義
  3. 1.3 ユーザー調査の概要
    1. 1.3.1 ユーザーアンケート調査の概要
    2. 1.3.2 調査回答者プロファイル
  4. 1.4 ベンダー調査の概要
    1. 1.4.1 ベンダー調査の概要
    2. 1.4.2 市場規模算出での定義
  5. 1.5 ITR DatumiX(データミックス)
  6. 1.6 用語解説
  7. 1.7 データ利用上の注意
  8. 1.8 年度解説
  9. 1.9 総評

第2章 メール送信市場動向

  1. 2.1 メール送信市場(ユーザー調査)
    1. 2.1.1 現在および今後利用したい製品・サービス
    2. 2.1.2 製品・サービス選定時の重視ポイント
    3. 2.1.3 製品・サービスのリプレース予定時期
    4. 2.1.4 リプレースを予定または検討する理由
    5. 2.1.5 今後の投資予算
    6. 2.1.6 利用製品・サービスに対する満足度
    7. 2.1.7 機能別活用状況
    8. 2.1.8 用途別活用状況
    9. 2.1.9 調査総括
  2. 2.2 メール送信市場(ベンダー調査)
    1. 2.2.1 市場規模およびベンダーシェア
    2. 2.2.2 調査総括
  3. 2.3 メール送信市場ベンダーポジショニング(ITR DatumiX)
    1. 2.3.1 ポジショニング・マップおよび総括

資料編

  1. ユーザー調査の調査票

商品概要

レポート名
ITR Cross View:メール送信市場の実態と展望2018 ― ユーザー調査と市場調査結果―
発行年月
2018年7月5日
提供方法
ダウンロード/PDFファイル(A4サイズ)
ページ数
71ページ
販売価格
190,000円(税別)
調査対象分野
  • メール送信分野
ユーザー調査概要
  • 実施期間:2018年3月
  • 調査方法:ITRの独自パネルを対象としたインターネット調査
  • 調査対象:従業員数50人以上で、マーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業、もしくはEコマース・サイトを運営している国内企業において自社のそれらの製品・サービス導入に関与する人
  • 有効回答数:2,772件
ベンダー調査概要
ご購入はこちら

ITR 著作物の引用について

ITRが発刊するレポートに記載されている データおよびコメントを、広告、宣伝、販売資料、メディア掲載記事や、その他商業目的で利用・引用される場合は、該当レポートのご購入が前提となります。 また、事前の書面による申請が必要となります。詳細および申請については、著作権の引用についてをご覧ください。
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)