Pocket

ホワイトペーパー

オープンソース・ソフトウェアの現実Officeスイート製品利用の現実解

執筆者: 生熊 清司 | 発行号: 2011-06

多くの企業においてコスト削減に関する要求は引き続き高い状況にあることは、ユーザー調査の結果にも示されている。しかしながら、コストを削減しうると見られるOSSの導入は、国内では今ひとつ進展していない。国内のユーザーは、OSSを商用ソフトウェア製品と同じように利用したいと考えている傾向が強い。しかし、両者の間にはさまざまな違いがあり、この壁を越えることは容易ではないため、企業はOSSの導入に躊躇しているのが実態であろう。また、これまでOSSと言えば、開発環境やミドルウェアといった、アプリケーションを構築するためにIT開発者が利用する製品分野が主であった。しかし、OSSが国内市場において真に浸透していくためには、ビジネスユーザーが利用するアプリケーションがカギとなると考え、今回は最も一般的なアプリーションであるオフィススイート製品であるOpenOffice(LibreOffice)を例に取り上げ、OSSの実態と課題を探ることにした。

ダウンロード