Pocket

ホワイトペーパー

Windows 7の有用性を考える サマリーレポート

執筆者: 生熊 清司/三浦 竜樹 | 発行号: 2009-12

ITRでは、多くの企業で利用されているMicrosoft社のクライアントOSであるWindowsの最新バージョン Windows7のリリースに伴い、Windows 7の強化・追加された機能および性能の、利用企業にとっての有用性をいくつかの観点から調査し、その結果を3種類のホワイトペーパーとして公開している。それらのホワイトペーパーで算出されたコスト削減効果を、PC1台あたりの年間コストに換算すると、約4万5,300円となる。本稿は、3つのホワイトペーパーから特に重要と思われる部分をまとめ、サマリー・レポートとして発行する。

ダウンロード