Pocket

講演資料

コロナ後を見据えた「働き方改革」の方向性

執筆者: 舘野 真人 | 発行号: 2020-10

コロナ禍によるテレワークの拡大は、企業の業務継続におけるテクノロジの有効性を示す一方で、従来型の働き方を巡る課題を改めて浮き彫りにした。企業はコロナ禍に伴って講じた緊急措置の効果を検証し、その教訓を基に今後の「働き方改革」の方向性を見直すことが求められる。本講演では、企業が直面した課題を整理するとともに、感染症と共存しながら事業を行うニューノーマルの時代に向けて、働き方において「変えるべきこと」と「残すべきこと」を考察する。

ダウンロード