Pocket

講演資料

ビジネスとITの同期性を高めるアイデアライゼーション

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2016-10

企業は、長年、現状の分析を重視し、現状を可視化したうえであるべき姿を描くアプローチを採用してきた。しかし、この現状と将来を対比しながら実現すべき業務/システム化の施策を導き出していくアプローチは、大きなジレンマを内包している。今後10年を担うデジタルビジネスのプラットフォームは、現状の制約に縛られず、自由かつ大胆な発想の転換で理想像を実現することで、ビジネスとITの同期性を高めていくべきである。

ダウンロード