Pocket

講演資料

2020年のデータ分析環境はどうなるのか?

執筆者: 生熊 清司/平井 明夫 | 発行号: 2015-10

ここ数年ビッグデータの活用が進むことで、データ分析環境大きく変化してきた。今後は、IoTの進展とともに、リアルタイムデータの活用も進むことで、さらに大きな変化が予測される。本セッションでは、これらのトレンドを踏まえて、東京オリンピックイヤーとなる2020年を想定し、企業でのデータ分析環境がどのようになっているのかを考え、それに向けて必要となる取組みを、技術面だけではなく、ビジネスや組織・体制といったさまざまな角度から示唆する。

ダウンロード