ITR Review

フィット&ギャップ分析の再考 ― VUCA時代に適応困難な伝統的評価法の改善の手引き ―

執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2022年02月号

フィット&ギャップ分析は多くの企業がITソリューション選定において採用している手法である。しかしこれは現行システムをベースに現在の自社要件を正として評価する手法であり、変動性/不確実性/複雑性/曖昧性は考慮されていない。テクノロジ進化の速いクラウドサービスを利用する場合、従来のフィット&ギャップ分析は有効とはいえず、改良版「フィット&ギャップ手法」を策定すべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)