ITR Review

ジョブ型雇用への移行における留意点 ― 多様化する働き方と人材流動化への対応 ―

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2021年06月号

デジタル変革が進展するなか、リモートワークや副業などの新しい働き方が増えてきている。会社への忠誠心や、長期的な貢献だけを前提とした人事制度はもはや時代遅れであり、多くの企業が人事制度の見直しを進めている。企業は、制度の設計や移行だけを目的化することなく、多様な働き方に適応できる人材と組織のあり方を問い直していくべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)